loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



台風15号 直撃
だな、正直ここまで第1階で時間を取られるとは思わなかった」

 ブルーが冷静に告げる。とてもじゃないが10階どころか5階にいけるかすら怪しい。

「うーん、モンスターは現時点では大した事ないわね、問題は罠と箱よね」

 ピンクが意見を言う。

「すまん、もっと早く解除できればいいのだが……焦るとかえって危険なのでな」

 一応自分の意見も言っておく、遠慮して伝えないほうが危険だ。

「そこに文句を言う馬鹿は我らの中には居ないから安心してくれ、正直居てくれて助かっている」

 グリーンがそう言ってくれる。coach トート

「ともかく、注意を払いつつ前進するしかないとオラは思う」

 イエローがまとめる。

 イエローの締めに全員が無言で頷き階段を下りていく。ダンジョンがむき出しにしている牙はまだまだ極僅かである。


スキル

風塵狩弓Lv5↑3UP 蹴撃Lv17 遠視Lv47 製作の指先Lv50 小盾Lv3
隠蔽Lv38 身体能力強化Lv21↑3UP 盗賊Lv39↑6UP 鞭術Lv34 
妖精言語Lv99(強制習得)(控えスキルへの移動不可能)

控えスキル coach 日本

木工Lv33 鍛冶Lv38 薬剤Lv40 上級料理Lv1

ExP 9

所持称号 妖精女王すら魅了した者 一人で強者を討伐した者

プレイヤーからの二つ名 フェアリークィーンの旦那さん
************************************************
ヒーロー6人組
ワンモアでも有名なヒーロー6人組。
1発で分かる外見と色分けをしているのが特徴。
プレイヤーのレベルも高く、上位のプレイヤー。
http://www.yiyoushengp.com
アースはそういうことに関しては全く興味がないため全然知らなかった。ダンジョンアタック中……
********************************************
ダンジョンと戦隊ヒーロー?その2

 2階はすぐに突破できた、なんと階段がすぐ近くにあったのである。これもランダムゆえの運不運に含まれるのだろう、すぐさま3階へ降りた。 3階に下りたあと、罠が無いかどうかを確認しながら進んでいると、槍を構えているグリーンから声がかかった。

「アースさん、我から質問してよいか? スキルの詮索はタブーなのは承知なのだが、アースさんの盗賊スキルは20を超えているのか? 正直今までの罠は盗賊スキルがなくてもなんとなく怪しいという感じで見破れていたのだが、このダンジョンの中ではその感覚がまったく通用しないのだ」

 ふむ、今までいろんな場所やダンジョンに行っていれば罠を踏

その辺はある意味本当の運だ
……良い人たちなんだが、酒が入ると鬼になる。
ザルな人はアレだけ飲んでどうしてケロッとしていられるんだか……。

 ま、ゲームの知り合いは出来たら、でいいし、一期一会プレイになるんだろう。
弓を背負うことで使えねー武器でよくやるぜとか罵られそうだが、
それぐらいは覚悟の上だ、MMORPGの宿命だ。
いい人もいるだろうし、出会えるかどうか、その辺はある意味本当の運だ。

 そしてプレイスタイルは……。まずはレンジャーを目指そう。
ゲーム的にはジョブ要素なんて一切ないが、http://www.shpmosquito.com
森なんかに潜み、獲物を射殺し、料理して食ったり、木工で自分の弓を制作、
矢を調達してコスパを上げる。そして森にある薬草を集めて自分のためのPOT製作。
素早く動いて危ないときは隠れる。それらを支えるための身体能力向上。

 理想はそんな感じ。成長できたらそうなりたいなという最初の理想像はそれで良いだろう。
では、ログインしてもう1つの人生とやらを楽しみに向かう事としよう。

         「ワンモアフリーライフオンラインへようこそ!」
************************************************
とうとうやってしまった。
読むだけにしときゃいいのに無謀にも挑戦です。

生暖かく笑ってやってください。

なんといきなり大ポカをやらかしました、修正しました。
突っ込みありがとうございます、なにやってるんだ自分。ココで注意がございます。
この物語はアースの視点から語られる話となっており、
アースが知らない世界情勢などは表記されていないことが多々あります。
かなり変わった形になりますが、よろしくお願いします。
********************************************
初日の賑わいと訓練場。

 ログイン直後。 カシオ シチズン

「見事なぐらいにぎっしりだな……コレは初日のお約束だなぁ。」

 と無意識につぶやく。

そして方々から マジェスタ

「PT組んでガッツリレベル上げませんかー? 前衛さん特に募集中!」
「岩場のほうに行くメンバーを募集中、混む前に場所押さえよーぜー!」

などのレベル上げ(厳密にはスキル上げなんだけど)PT募集の声が飛び交っている。
特にβ経験者にとってはこの世界でのアバターの動かし方やアーツの中身などを
きっちり押さえたスキル編成になっているんだろうし、ものすごい勢いで
スキルレベルを上げていくのだろう。

 その一方で……

「新規のプレイヤーさん、装備良いのあるよー!」


角田長官が苦笑いを浮かべながら呟いた

...read more

刺突地雷や人間地雷などもっての他だ
ない。

東久邇宮
「色々と手を回しているが、どうもな…」

……いくら皇族と言えども、そう簡単にはいかないだろう。

東久邇宮
「だが、君の話に興味を持った人間が居るぞ」

滝崎
「えっと…どなたですか?」

東久邇宮
「うむ、前田侯爵だ」 chanel 財布 ピンク

松島宮
「前田侯爵……あっ、前田利為(まえだとしなり)侯爵ですね?」

東久邇宮
「そうだ。彼は…」

滝崎
「前田利為侯爵……加賀百万石で有名な前田家の現当主ですね」

東久邇宮
「うむ、君が知っているなら、話は早い。実は…」

執事
「旦那様、前田利為侯爵が参られました」

東久邇宮
「…と言う事だ。お通ししてくれ」

執事
「はい」

滝崎
「……毎度毎度、このパターンなんだよな…」

松島宮
「ぱたーん?」

滝崎
「いや、何でもない」



1時間後……… chanel ブランド


前田
「なるほど……我が国はソ連とアメリカによって滅ぼされる事になるのか」

滝崎の話を聞いた前田利為侯爵の第一声だった。

前田
「しかし……まさか文麿さんの周辺に居る奴が支那事変を煽るうえに、国内の情報をソ連に流していたとなると……ふむ、これはなんとかしないとな」

……そう言えば前田家と近衛家は姻戚関係であったとか……。

前田
「さて…君が言った西安事件だが、この事件を妨害すれば支那事変はおきないと?」

滝崎
「おきるかどうかは解りません。しかし、可能性はかなり低くなります。それに、結局は中国共産党は日本の癌にしかなりません」

前田
「やれやれ…未来の日本も大変だな」

そう呟いた前田侯爵は直ぐに話題を変えた。

前田
「まず、対ソ米戦に対応する為の戦力強化だな。特に戦車の強化は絶対だ…刺突地雷や人間地雷などもっての他だ」

どうやら、戦争後期の対戦車戦闘の事に怒りが湧いた様だ。

滝崎
「では、成形炸薬弾を使ってみるのはどうですか?」

東久邇宮
「なんだね、それは?」

滝崎
「自分も少ししか知りませんが…別名ノイマン効果弾と言われ、後にアメリカ軍のバズーカなどの対戦車火器に使われています。また、日本もロタ砲としてバズーカに似た火器を作っています」

前田
「ふむ、聞いた事があるな…よし、後で調べてみよう」

滝崎
「ありがとうございます」 http://www.ghfghhu8.com/ celine 財布 新作

……もし、ノモンハン事件に試作品でも間に合えばかなり味方の力になる筈だ。

前田
「……色々と聞きたいな。他に何かないかな?」

滝崎
「そうですね……確か来年に海軍は全金属製の96式艦上戦闘機が生産ラインに乗ります」

前田
「『陸軍でも採用出来ないか』だな?」

滝崎
「はい。自分の世界でも96式艦戦は陸軍も採用しようとしました。今の内に陸海軍が航空機の共同開発に着手すれば関係改善にも機体の共同使用が出来ます」

前田
「なるほど……確かに君の言う通りだ。陸海軍が別々の部品規格の航空機を作っても効率は悪いな。よし、私も協力しよう。サイパンや沖縄、本土の悲劇は絶対に阻止せねばな」

……こうして、前田利為侯爵も協力してくれる事になった。



次号へ
************************************************
ご意見ご感想をお待ちしております。12 相沢事件

8月12日 高松宮邸


午前5時45分………

松島宮
「ふわ……おはよう」

滝崎
「うん……おはよう」

部屋から出てきた松島宮に滝崎は普通に挨拶した。

松島宮
「……………眠れたか?」

滝崎
「……なんで?」

松島宮
「いや…目の下が黒いぞ?」

滝崎
「……実質的に眠ったのは2時間ぐらい…後は寝てない」

松島宮
「うわ……だか

何でもないと首を振ると
をかけた。
「……いえ」
 誰もがそれを受け入れている中、一人騒ぎ出すのも得策ではない。何でもないと首を振ると、ギルダスも報告のために室内へと足を勧めた。
 フィオンとギルダスがそれぞれに用意された椅子に落ち着いてしばらくすると、王の到着が告げられた。立ち上がった皆を、王は手で制し皆を着席させる。
「では、まず銃についての報告をきこうか」
 王座に腰を下ろした王がそう告げると、報告のためにギルダスは立ち上がり、部屋の中央へと進み出た。
 
 クリプトンホテルで見つかった、同じ型の二つの銃。
 その一つは、ホテルでカイサルがコレットを襲った際に使用していたもので、フィオンがその場に駆けつけたときに入手している。もともとカイサルが監獄に勤めていたこと、その銃が監獄で使用されているものと同じ型だったこともあり、その銃は監獄から盗み出し使用されたものと以前の報告によって結論付けられていた。
 それとは別に、同じ銃がカイサルを捜索している湖から先日みつかったのだ。
 銃の状態から、落されて長時間たっているわけではないことがわかるそれ。もしカイサル自身がもっていたのなら、皆に取り囲まれた際に使用したはずである。そうでなかったことより、カイサルが銃を二つもっていたとは考えにくかった。marc jacobs ショップ
 しかし、同時期に同じ型の銃が近い場所から見つかったということは、今回の事件になんらかの関わりがある可能性もある。そのために、監獄での銃の管理について報告するように言い渡されたのだ。
 もちろんその銃を使っているのは問題となっている監獄だけではない。しかし、現状ではカイサルとの関連性が最も高い。

「監獄での銃の管理につきましては、監獄で銃の保持を許されたものに配布してあります。その記録はございますが、どの銃が誰にあてがわれているのかという点では、特に銃に番号を振っているわけではございませんのではっきりとはお答えしかねます」
 ギルダスは持参した報告書を読み上げた。
「ここ半年以内に銃の紛失がはっきりしましたのは、惚れ薬の犯人が逃げ出したあの日になくなったものだけです。おそらくそれが事件の際にカイサルが使用した銃と思われることは、以前にもご報告した通りです。それ以外では、はっきりとした紛失はございません」
「はっきりとした、とはどういうことですか?」
 家臣の一人が尋ねる。
「銃は消耗品です。使用の途中で壊れたり、非常時には使用した際に弾がなくなりその場に捨て置くしかない場合などもあります。それらすべてを把握はいたしておりませんので」
「銃の管理もできぬとは……」
「そうは言われましても、使用したものすべて把握することができないのは、他の監獄や軍などでも同じではないのですか?」
 武器は保管しているものに関しての確認はしっかりと行われている。
 しかし、戦場や犯人の確保など実際の場で使用されたものについて、こと細かく弾の数や銃の数などを確認できるものではない。marc jacobs トート
 それについては、ある程度の誤差が認められる範囲なのである。
「それと同じ銃をあなたは購入されたとの話が入っていますが、ドース卿」
 先ほどとは違う家臣が、ギルダスに声をかけた。
「監獄と同じ型の銃は、何のために購入されたのですか?」
「購入しましたが、それが何かありますか? この国は、個人が護衛のために銃を所持することを禁じてはいません」
 個人が軍を組織すること、それに匹敵するような軍備を行うことは規制されている。しかし、個人で使用する短銃の数丁が禁じられていることはない。
 監獄のものと同じ型にしたのは、慣れているため扱いやすかったためだとギルダスは続けた。
 家臣たちが座る席を、ギルダスはぐるりと見渡した。彼らが自分を見る目に眉根をよせる。
「もしかして、私を疑っておいでなのですか?」
 中心に置かれたテーブルに、ギルダスは自分が持っていた報告書を置く。
 こぶしを握り締め、まっすぐに王に視線を向けた。
「陛下、それこそ心外でございます。私が犯人なら、どうして監獄の件調べることに奔走し、こうやって出向いて報告などするでしょうか。いったい何ゆえ私をお疑いなのですか」
 ギルダスの言葉に、王は何も答えない。ただまっすぐに彼を見つめるだけだ。
 静まった室内に、カタンと椅子が引かれる音が小さく響いた。今まで黙って事の成り行きを見守っていたフィオンが立ち上がり、中央へと進み出た。http://www.jinshe88mt88.com/ マークジェイコブス バック
 自分に近づいてきたフィオンを、ギルダスは強い視線で見つめる。
 王弟であり、今回の事件に深くかかわっているフィオンが、家臣たちの考えを把握できていないわけがない。先ほどまで普通に接していた自分に対して、皆と同じよう疑いを抱きながらこの場に連れてきたのかと思えば、苦いものがせりあがってくるような気がした。
「バード公爵も、私を

罪悪感に虫食まれていた
と身体から力が抜けた。その隙に彼女から衣服を剥ぎ取り、再び組み敷く。あまりの恐怖からか身体を震わせて啜り泣くものの、それからは抵抗らしい抵抗を一切しなくなった。

 もっと泣けばいい、俺を感じればいい。その濡れた瞳に俺だけを映し、俺に堕ちればいい。狂ってしまえばいい。俺がいなければ生きていけないほどに……。

 自分の欲望のまま彼女を貪り尽くす。はじめはただ泣くだけだった彼女が、次第に甘い喘ぎを上げ始める。恐らく正気を保ってはいないが、それでもよかった。俺の下で恍惚の表情を浮かべ、淫らに快感に震えている。その様子に仄暗い笑みが浮かぶ。

 ――――堕ちた。メンズ レインブーツ

 歓喜に沸きあがる身勝手な欲望。でもまだ満足できない。

「ラナ……俺の名前を呼んで?」

 俺の声が届いていないのか、虚ろな目で喘いでいる。首筋に顔を近づけ、思い切り歯を立てて噛みついた。痛みで微かに正気を取り戻した彼女に、もう一度言った。

「名前、呼んで?」
「し……ん、や……」

 無理矢理呼ばせた名前にどこか興奮を覚え、再び彼女の唇を貪る。彼女の全身に快感を植え付け、どんどん追い込む。そして何度か絶頂に達した彼女の中に、ようやく自身をねじ込んだ。その中はとても気持ちがいい。吐き出したい欲を何度も歯を食いしばって耐え、彼女の口から淫らにねだる様に仕向けた。

 この日初めて、何の隔たりもなく彼女と繋がった。“避妊”なんて言葉がこのときの俺の中に存在しなかった。孕んでしまえばいいとすら思った。それで彼女を自分だけのものにできるのなら何度だって注いでやる。

 再び攻め立てて何度か彼女が達した後、ようやく自分の欲を吐き出した。意識を飛ばしてぐったり横たわる彼女から自身を抜けば、その下肢を穢したものが目に入る。その淫靡な光景に黒い笑みが浮かぶ。

 手首を拘束していたネクタイを解けば、くっきりとついた赤い痕。そんな痛々しい傷ですら、自分が彼女に刻み付けたものだと思うと歓喜が込み上げる。手首を手に取り、微かに滲んだ血をペロリと舐め取る。それすら甘く感じてしまう自分は、もはや狂っているのだろう。力の抜けたその小さな身体を抱き寄せて、力強く抱きしめる。

「誰にも渡さない……俺のラナ……」アマート レインブーツ

 狂気に飲まれた俺は決して彼女を離すことなく、力ないその身体を抱き締めたまま眠りについた。


 翌日、目を覚ました俺は、自分の犯した事の重大さを理解し、罪悪感に虫食まれていた。

 俺の腕の中でピクリとも動かずに深く眠り続ける彼女。頬には涙の痕、唇は赤く腫れ、首筋には歯型とうっすらとついた指の痕。全身に所有印、手首にはネクタイで縛ったときについた痛々しい傷。そして下肢を穢す自分の浅ましい欲。

 何てことをしてしまったのだろう。一晩経ったことで頭は冷静に働く。だからこそ自分がいかに傲慢で無体なことを大切な彼女に働いてしまったかを痛感した。
 犯罪者だな、俺は……。最低だ。もう二度と泣かせない、悲しませないと決めたはずなのに、あっさりと破ってしまった自分を心底呪った。

「ごめん……ラナ、ごめん……」

 眠り続ける彼女の頭を、壊れ物に触れるかのように優しく撫でる。すると微かに身じろぎ、彼女がうっすらと目を開けた。しばらくは状況が理解できないようで視線を彷徨わせていたが、俺と視線を合わせた途端、表情を強張らせた。彼女の泣きはらした瞳は恐怖の色を浮かべていた。

「昨日は……ごめん」ベネトン レインブーツ

 再び頭を撫でようと手を伸ばせば、びくっと身体が震える。グサッと心臓が抉られるように痛みが走るも、自業自得だな、と伸ばしかけた手を引っ込める。

「あ……」

 俺の様子に彼女は傷ついた表情になる。あの花が咲いたような笑顔、もう俺に見せてはくれないだろう。当たり前か……。

 彼女から少し離れ、言った。

「ラナ、今から病院へ行こう。今ならまだ、間に合うから」

 今ならまだ、妊娠は防げる、そう思って言った。その言葉に、自分がどんな状況なのかを初めて理解したらしく、涙を浮かべてカタカタ震えだした。抱き締めたかったが、そんなことをすれば余計に怖がらせるので黙って見ていた。しばらくして彼女は言葉に詰まりながら、俺を見ることなく言った。

「あ、あの……大丈夫です。病院、行かなくても……。ピル、飲んでるんで…

陸くんと塁くんが駆け寄って来た
いな年の離れたオジサンを選んでくれて、ありがとね。お兄ちゃんをヨロシク!」

 何と! こんなことを言われるとは思ってもいなかった。とっさにこう答えてしまう。

「はい! 幸せにします! ……って違うか。こちらこそこんな小娘を選んでくれてありがとうございます! ……と言いたいです」

 ヤバイ。照れる。赤くなって俯くと菜月さんが「やっぱかわいい~!」とぎゅうぎゅうに抱き締めてきた。む、胸が当たって苦しいです!

 すべての設定が終わって鮫島家へ帰る道中、菜月さんに謝られた。

「そういえば急に連れてきてごめんね。用事なかった?」
「大丈夫です。ノープランでした」

 その言葉に菜月さんはホッとしたようだ。パリ kate spade

「よかった。それにね、あんなに急だったのに実家に行くことを了承してくれるとは思っていなかったの。だからよりラナちゃんの好感度がグッと上がったんだ」

 あ、それは慎也さんへの嫌がらせを含んでたんですけどね。しかも家に帰ったらあの人は確実にわたしを陥落させるつもりだったでしょうしね。でもそれは言えないなぁ。だから当たり障りのないことを答えておいた。

「慎也さんのご家族に紹介していただけたら嬉しいですし。それに少し喧嘩してたんです、あのとき。だから二人きりは気まずくて……」
「喧嘩? 原因は?」
「犬です」

 そう言うと「あぁ……」と菜月さんは納得した。

「お兄ちゃん、無類の犬好きだしね。もう溺愛の域だもん」
「そうなんです。仔犬とじゃれあっていて放置されたんで、イラッとしちゃったんです。あてつけにカメレオンと浮気しようとしていたら店員さんに話しかけられたんですけど、どうやらわたし、その店員さんにナンパされていたみたいですごく怒られました」
「なるほど、それで喧嘩ね。ラナちゃん、気をつけた方がいいわよ。お兄ちゃんって人とか物にあまり執着するタイプじゃないけど、気に入ったらすごい独占欲の塊に変化するから。気をつけないと、そのうち部屋から一歩も出してもらえなくなっちゃうわよ」

 怖っ! そんな犯罪まがいなことをするとは思えないんですけど。

「じ、冗談ですよね?」

 恐る恐る尋ねるけど、菜月さんは「どうかな」と意味深なことしか言わなかった。




 そうこうしているうちに鮫島家へ戻って来た。慎也さんは庭で犬とじゃれあっていた。また犬ですか……。いい笑顔で笑ってるじゃないですか。陸くんと塁くんも一緒だった。
 彼はわたしを見つけて手招きした。

「おかえり。これが“はな”」

 “はな”というのがこの柴犬の名前らしい。わたしは近寄って犬のそばにしゃがみ込む。

「はなちゃんはメスですか?」
「そうだよ」kate spade shop

 ……ライバルですね! 強敵になりそうです。ここは挨拶しておきましょうか。

「はなちゃん、はじめまして。ラナです」

 そう話しかけるとはなちゃんはゆっくりわたしに近づき、足元でコテンとひっくり返ってお腹を見せた。これは服従の行動ですね。お腹を撫でると尻尾を振っている。むちゃくちゃかわいい~! もう勝ち目はありませんね。完敗です! 白旗あげます。

「すごいわ。はなが初対面で懐くなんて」

 菜月さんが後ろからそう声をかけた。どうやら、はなちゃんは人見知りが激しい子らしい。そう言われるとよりかわいく見えちゃう。わたしに懐いてくれてありがとう!

 しばらくはなちゃんと遊んでいると、陸くんと塁くんが駆け寄って来た。

「ラナ、明日いっしょに虫とりにいこうぜ!」
「いこうぜ」

 虫取り……。よく父の田舎で虫取りしたなぁ。懐かしい。
 わたしは二人に即答した。
 
「いいよ」

 そう言うと二人は「わーい」と喜びながら庭を駆け回る。もう、かわいいんだから!

 すると縁側からお義父サマが声をかけてきた。

「ラナちゃん、畑に行ってみないかい?」
「畑ですか? はい! 行きます」http://www.shpmotive.com/ カシオ 店舗

 もう、いろんなお誘いで身体が一つじゃ足りない。お義父サマのところに行こうとして慎也さんに止められた。

「そんな格好で行くつもり?」

 自分の服装を見返すと、スカートにミュールだった。こんな格好で畑に入ったら確実に土に埋まる。

「着替えてきます」

 わたしはダッシュで服を着替える。クロプトパンツしかないけど、仕方ない。虫刺され覚悟です。上もTシ

とても可愛らしくみせている
とても可愛らしくみせている。
 派手な印象をもつエリサとは対照的に、コレットの印象は可憐な花を思わせる美しさがあった。
 まわりの視線に疎いのは、幼いころから婚約者一筋だったのだから仕方のないことか。
「仕方ありませんわね。今日はたっぷりとコレットに付き合ってあげますわ」
「くすくす。今日はいいんですか?お目当てのお方は」prada sale
「あの方は今日いらっしゃらないのよ。だからって、静かに待ってるなんてわたくしの|性(しょう)に合わないわ。あの方がわたくしを選ぶのではなくて、わたくしがあの方を選ぶのですから」
 自分は選べる立場なのだとはっきりというエリサが、コレットにはまぶしかった。



 二人が伯爵邸の近くまで戻ると、夜会の開始も近いことから多くの人が集まりだしていた。
 高くなりはじめた月が、その色を濃くしていく。もうすぐ満月も近い。少しずつ太陽の時間から月の時間へ。空が夕焼けを残した赤紫から徐々に月明かりを含む群青色へと変化していく。
 月に目を奪われていたコレットは、ふと何かに気がついたように人の波をみわたした。
「どうかしまして?」
「え?いえ、なにか、今声がしたような気が……」
 コレットが言い終わらないうちに、あたりがざわめきはじめた。
 まわりも気がついたらしく、人々の視線がざわめきの方へと注がれる。ざわめきが大きくなるのと、人垣が割れるのはほぼ同時だった。

 はじめにコレットの目に飛び込んできたのは、明るいプラチナブロンドの金髪だった。走ってきたのだろうか、すこし肩が揺れている。
 人並みの間をぬけて現れたその人は、誰かを探すように視線をさまよわせた。
 コレットと視線が重なる。その瞬間瞳が驚いたように見開かれ、そしてはじかれたように笑顔がこぼれた。
 まっすぐにコレットの前に進んだ彼に、あたりは何が始まるのかと静まりかえった。さっきまでのざわめきが嘘のようだ。
 自分を見つめてくるエメラルドの瞳に、コレットは動くことができない。

「僕と踊っていただけませんか?」
 
 そう言ってコレットの前にひざまずいたのは、王弟フィオン?アルファードその人だった。
4.ダンス

「僕と踊っていただけませんか」
 静かになった夕暮れの庭。彼の声だけがやけに大きく聞こえた。
 

 いきなりのことで、なにが起こっているのかわからなかった。
 今目の前で自分を見つめている人物を、コレットは知っていた。いや、ここにいるもので知らない人などいないであろうその人。
 バード公爵、フィオン?アルファード。
 だが、コレットは彼と会話をしたことどころか、今の今までまともに目を合わせたこともない。そんな彼が、今目の前で自分にひざまずいているのだ。
 ひざまずく行為は、自分にとって目上の人物に行われるのが常識である。王弟であり、バード公爵の爵位をもつ彼がその行為を行うべき人物といえば、王と王妃、そして現在は隠居してバード公爵の領地で生活をしている前バード公爵ぐらいだ。ブランド 財布
 身分の上下に関係しないとすれば、それは婚約者や伴侶、恋人に対してであるが……。

 固まっているコレットのとなりで、ふうとため息が聞こえた。
「彼女とお知り合いだったなんて、初耳でしたわ。公爵」
 声のしたほうにフィオンの視線がうつった。
 視線の呪縛から開放され、コレットの肩から力が抜ける。
 声の主、エリサに気がつくと、フィオンは立ち上がり軽く会釈をする。エリサもそれに答えるようにドレスのすそをつまみ、ちいさく腰をかがめてあいさつをした。
「お久しぶりですね。エリサ嬢」
「公爵にもご機嫌うるわしゅう。お噂はいろいろおききしていますわ」
 名門コールフィールド伯爵家の令嬢であるエリサは、王弟の前でも臆するところなどない。
 少しだけ肩をそびやかし、フィオンが笑う。
「どんな噂となってエリサ嬢のところのとどいているのでしょうね」
「ところで、彼女とはどこでお知り合いになりましたの?」
 エリサはにっこりと笑って会話を変え、フィオンとコレット両方に視線を送った。
「本日が、初めてです」
「初めて……ですか?」
 微笑みながら答えるフィオンに対し、彼女の親友はわけもわからないといった表情で小さくうなずいている。
「公爵。紹介もなしに急にでは、彼女も驚いてしまいますわ」
「あっ、そうですね。申し訳ありません」
「い、いえ」
 にっこりと微笑まれて謝罪されれば、コレットはそう答えるしかない。
「彼女はコレット?マカリスター。マカリスター男爵家の令嬢でしてよ」
「はじめまして、コレット嬢」http://www.aitao9889.com/ 財布 レディース 人気
 フィオンは自分の胸の前に片手をそえ、優雅に一礼した。
 慌ててコレットもドレスのすそをつまみ、あいさつを返す。
「は、はじめまして。お会いできて光栄です、バード公爵」
「僕をご存知なのですね」
 知らな

長靴
ったかもしれなかったな。

「その時にちょうど月先生に病院から連絡が来て、二人でここに駆けつけたってわけ」

「そういうことですの」

 月先生がつぐみの言葉を引き取った。

「正確には病院からの連絡は全ての会に来たのですけど、その代表として私がつぐみさんと病院に来ることになったのですわ」

「……よく、意味が分かりません。全て会の代表、ですか? まるで、全ての会が協力して一丸となっているような言い方ですけど」

 夏彦が言うと、

「この件に関しては、事実としてその通りですの」chanel 財布 通販

 事も無げに月は答えた。

 だが、そんなはずはない。全ての会がこの事件の解決に一丸となっているのなら、すぐに解決したはずだ。クロイツさんが言っていたじゃあないか、解決するの自体は簡単だが、他の会との関係もあるから難しい、と。
 夏彦は混乱する、が。
 待てよ――
 ゆっくりと、ぼんやりとだが頭の中でこれまでの全てのことが大きな像を浮かび上がらせていく。

「あ、話変わるけど、黒木がよく全部白状しましたよね、びっくりっす」chanel アウトレット 価格

「白状?」

 初耳なので夏彦は聞き返した。

「ああ、そうそう。月先生とつぐみが来て、ベッドに拘束された黒木のとこに一緒に行ったんだけどよ――」

 虎の言葉を聞いて、「ああ、やっぱり黒木拘束されてんだ、そりゃそうだよな」と夏彦は思う。

「――しばらくは何を聞いてものらりくらりだったのに、途中でつぐみが何か耳元で囁いてからはびっくりするくらい素直に喋りだしたよな。あれ、なんて言ったんだ?」

「え、あたしはただ、なんでも正直に喋ることを約束します、なんて言うから、約束って言葉を軽々しく使わない方がいいわよ、って教えてあげただけです」

 にこり、とつぐみは笑う。chanel sale

 その笑いに何故か背筋を冷たくしながら、

「で、何を喋ったんだ、一体?」

 と夏彦は訊いた。

「いや、それがよ、大したこと何も知らねえんだよ。あいつと秀雄と、あと久々津って奴の三人がいるらしいんだけど、その三人が元から知り合い――クスリの売り買いの知り合いで、三人まとめて金で雇われてノブリス学園に入学したってこと。入ったら学園をめちゃくちゃにするように頼まれていくつか計画を渡されたこと。あとは、生徒会と風紀会それぞれに味方がいて、風紀会にいるネズミと生徒会にいる舞子って奴がスパイだってこと。これくらいだな。雇い主のことすら何も知らないみたいでhttp://www.apcsm88.com/ chanel wallet
...read more 题目:加一点剪一点变成自己的 - 博客分类:服饰品牌

連中は高笑いする
ぎゃーーーーーーーーーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっ!
 連中は高笑いする。
ここは地下だぜ? アンテナをよく見ろよ、新宮くぅん。電波も届かなきゃ、警察には通報できねぇけどぉ?
 尊郷は得意げだ。ドヤ顔までしていた。
 アホか。そんなものとうに察しがついてる。
お前らってホント馬鹿だな。地下? だからどうした?
 俺が蔑んだように言うと、連中が揃って顰めっ面になった。
スマホには、トランシーバー機能がついてるんだよ。知ってるか? トランシーバーって。回線を使わずに、電話単体で音声のやり取りをする無線機能だ
それが――浴衣 ヘアスタイル
お前ら、俺のガラケーどうした? どうせ、あの公園に置きっぱだろ。ああ、スマホで調べてみたけど、やっぱりそこにあるな
 にわかに連中がざわつく。
 尊郷は冷徹な目で俺を睨んでいた。
あっちのガラケーを通じて通報すりゃいい。あのガラケーを蹴ったのは事故じゃねぇよ。壊されないように花壇の中に放り込んだんだ
 ……まあ、嘘なんだけど。
 ハードにトランシーバー機能が積まれていたのは、PHSや一部の機種ぐらいだし、このスマホにはない。
 |Bluetooth《近距離無線通信》を使って通信する手段はあるけど、ここから公園は遠いし、この電波の最大通信距離は一〇〇メートル程度。公園まで届くわけがない。浴衣 帯
 公園まで届かせるなら、もっと超長波の電波が最低限必要だしな。
 事実なのは、俺がわざと携帯を蹴って花壇の中に入れたことぐらいだ。
 それでも、今の俺は時間を稼げればいい。
 一〇秒でもいいんだ。
 一秒だって構わない。
ふん。大嘘だな。だったら、さっさと通報しろよ
 バレたか。
 まったくもってその通り。
 通報できる状態なら、有無を言わさずしている。
うぜぇ。そもそもキモオタ。お前は処女厨なんだろ?浴衣 女性 処女じゃない綾女に何を執着してんだ?
 そんな尊郷の言葉に俺は首を振った。
綾女が処女だからだよ
は? 心の処女とか言うつもりか? くっくっく!
 堪えきれないように尊郷が嗤う。
 まったく、何が心の処女だ。
強がるなよ、尊郷
あ?
お前まだ童貞捨ててないんだろ? 周りに嘯いてるだけだ
 尊郷がぴくりと眉を動かす。
何を根拠に言ってやがる!
お前さ。恋人になってもいないのに綾女と恋人になったって周りに吹聴してたんだって?
 外崎は http://www.shopfordearjp.pw/ 浴衣 女性

長靴
ブーツバッグ通販 安い 靴靴 ブーツ 通販エナメルレインブーツaigle ラバーブーツラバーブーツ 人気コロンビア レイン今年のブーツ靴 アクセサリービューティーレイン収納 ブーツコロンビア レインシューズベネトン レインシューズハンター 長靴 メンズスリッポン無印良品 レインブーツオンラインショップ 靴セール ブーツヒールレスシューズロングブーツ 時期バイカラーシューズ長靴 キッズ
题目:加一点剪一点变成自己的 - 博客分类:服饰品牌