loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



あなたは今年の夏休み、どう過ごした? 2013年夏休みの旅行動向
足らない人材、その100~戦略家45~


「私の知っていることなどそのくらいだ。あの薬品は組織から渡された。投与方法に関しても組織の男の指示に従っていただけだ。それ以上のことは本当に知らん。
 そして私から忠告だ。組織には気をつけろ。やつらはどこにでも現れるし、大陸中の国家で要人が暗殺される時は奴らが全て関わっているといるとさえ言われている。お前達もこれで関わりを持ったことになるし、そもそも組織の人間を雇い入れるなど正気の沙汰とは思えん。奴らはしつこい。どこまでも追ってきて、その女を殺そうとするだろう。巻き添えを食うぞ?」財布 ck

 ファイファーがルナティカの方をちらりと見たが、アルフィリースはその視線を間に立つことで遮った。

「どんなことがあろうと、一度仲間とした者を私は見捨てないわ」
「それは理想だ。優れた指揮官、指導者とは最低限の犠牲で最高の成果を出す者だ。犠牲の伴わない勝利などありえないのだから」
「だとしても。私は自ら仲間を見捨てることをしたくない」
「それは人を率いる者としての見解の相違だな。よかろう、そう信じるのならとことんまでやってみるといいだろう。だが忘れるな。やるなら徹底的に貫き通せ、中途半端にはなるな。中途半端になれば、私のような結末になるだろう」
「言われるまでもなく、私はやりきってみせるわ」

 アルフィリースは力強く答えたが、内心では不安でいっぱいだった。用事は済んだとほとんどの者が出て行こうとした時、アルフィリースはさらにファイファーに話しかけた。

「ところで将軍、一つお願いがあるのだけれど」
「なんだ、取引は終わったはずだが?」
「取引は終わったわ、だけど借りは返してもらっていない。貴方の命を助けたわ、一つくらい追加でお願いを聞いてくれてもいいのではないかしら? それに、貴方にとっても悪い話ではないはず」
「言ってみろ、内容による」

 アルフィリースはにっとすると、ファイファーに耳打ちした。するとファイファーがしかめっ面をする。

「なぜそのような事を今さら頼む? どうするつもりだまさか」
「その、まさかよ」

 アルフィリースの得意げな顔を見て、ファイファーは初めてアルフィリースを見たような呆然とした顔をした。そして呟くように言ったのだ。

「いつだ? いつからそこまで考えていた?」カルバンクライン
「最初からよ。この戦争の落としどころはずっと考えていたわ。その一連の流れとして、考えて当然のことだわ。本格的に考えたのは、サラモに帰ってきてからだけど。今なら目がある。むしろ、今でないと目がないはずよ」
「だがどうする? 手数が足らな――あ」

 ファイファーはアルフィリースが何を考えているのかを察した。ファイファーも納得がいったようだった。

「なるほどもしそれができるのなら」
「やれるわ、私ならね」
「よかろう、オズドバに命令して整えさせよう。なんとか集められるだろうからな。早い方がいいな?」
「ええ、すぐにでも」
「よし」

 ファイファーは生き返ったように立ち上がると、急いで命令書を一つしたためた。アルフィリースはそれを受け取ると、満足そうに笑顔で足早に出て行った。何事かとラインとリサが続こうとするが、リサをファイファーが小声で引き留めた。センサーにしか聞こえないよう、本当の呟き程度で。

「なんですか? リサに用事とは」
「最初はどうでもよいと思っていたが、死なすに惜しい女だ。しっかりと守ってやれ」
「貴方に言われるまでもなく。あんなデカ女ですが、私は友人と思っておりますので」
「良いものだ、私にもそう言ってくれる者がいればよ

http://www.watchsreceive.com

君が代起立拒み減給、教諭が提訴


自身には敵対的な態度を示しているとはいえ、森鬼に一抹の同情を抱く真だった。


戦闘の結果は散々だった。腕時計 レディース ブランド

おそらく、森鬼にとってこれだけの敗戦は初めてではないかという程に大敗で完敗だった。

モンドは脳筋だが戦闘に無能ではない。戦闘直前に巴に確認し、一組でも条件を満たせば今後の訓練に口出し無しと確約をもらっている。最も重要な一点の確認を怠ったのはあるが、これは巴の言葉の使い方と挑発まじりの所為としておくべきか。

当然モンドは最も練度の低い五人を巴に、次の五人を澪に、自分を含む最高の五人を真に割り振った。彼の中での実力順を考えると無理も無いことだ。第一、モンドは亜空の見学中に起きた事故(と聞かされている)の際、拡散した真の魔力を誰の物か確認していない。

日が中天にかかる時までそれなりの時間を与えられたにもかかわらず、巴と澪の相手はその時間まで立っていることさえ出来なかった。

巴は武器を抜くことすらせず、苦悶の霧結界を十五分ほど継続させ五人すべてに泡を吹かせて戦闘不能にした。個人戦闘力も連携もあったものではない。悶絶の悲鳴と断末魔が微かに響き、静かになったので解いた。ただそれだけだ。巴はその間、それなりに仕上がってきた刀の鞘と鍔にどんな意匠を施そうか、資料を片手に悩んでいただけだ。これはひどい。

澪は開戦早々に一人が放った魔法を防ぐでも無く体に受け、何事も無く空中と地上から同時に攻撃を仕掛けようとしていた四名と術者を糸で捕縛。蜘蛛の巣に捕まった虫さながらにもがくだけの連中に対して、そのまま死ぬ寸前まで力を吸い取り終了。お昼頃になっても五人の内で最も高い実力を持つ者でさえ生まれたての小鹿程度の動作しか出来なかった。しかも澪は微動だにしていない。全員が一旦意識を失って昏倒した後は適当な岩を見つけて腰掛け、最近覚えた化粧の具合を確かめているだけだった。これもひどい。

では真はというと。人気 時計 レディース ブランド

殺気を隠そうともしない森鬼の最精鋭五人と対峙しながら、処理方法を考えていたのだが。モンドからある事を提案された。曰く、一撃入れてみてくれ、と。どの程度の実力を持っているのか知らないと加減が出来ないから自分に一撃入れてみてくれと前に出てきたのである。

真はこの愛すべき馬鹿を少し好きになった。きっと物語で「何だって!」とか「何だと!」とか驚くのはこういう人たちなんだろうなと苦笑いした。彼が口にしたことは一撃も入れられてはいけないという条件が無ければ真が提案しようとしたことだったから。

ならばと彼はアクエリアスコンビから師匠の実力を推測してここを殴れとばかりに顔を出すモンドに一撃を放った。案の定、思い切り吹っ飛んでいったモンドはピクリとも動かない。残る四人は唖然とする真に追撃を加えることも出来ず、師の飛んでいった先を眺めて、我に返った者からモンドの安否を確認するために駆け出した。残された真は自分と先生の間の実力差から推測して一撃の加減をしたのだが、思ったよりも弱かったモンドの吹っ飛び方に目を点にしていた。

「まさにビッグマウス……」

ぼそりと呟いた真の言葉は誰に聞かれることもなく流れ。しばらく何をするでもなく雲など眺めていると森鬼らが戻ってきた。おそらく治療をされたのであろう、モンドもとりあえず外見は無事に見えた。

一通り、何故だか卑怯者扱いをされ罵倒を受けた後で彼らの攻撃が始まった。真はただ全方位に初歩の魔法障壁を張り、界を加えて放置。一点集中も全方位攻撃もまるで効果は無く、魔法も剣も矢も虚しく弾き落とされるだけ。森鬼からすれば砕けない

http://www.qiyuafnge.com

女性の脈アリサインの見極め方
らもそこに至るまでに運命を一度捻じ伏せ、尚且つ才能を無理やり掴んだ……その……」

 末の妹が言い難そうに言葉を濁す。何と表現しようか悩んでいる、そんな様子だ。tommy hilfiger 女性のためのバッグ

「どうしたの、スクルド? このチート小僧面白い! って騒いでいたじゃない?」

「ベ、ベル姉……その身も蓋も無い言葉を何とかしようと私が悩んでいたのにぃ」

「チート小僧? ずるってことか?」

 スサノオはベルダンディの言葉を耳聡く拾ってスクルドに言葉を促す。

「ん、その。ずる、とはちょっと違うかなあ」

「そうね。まず彼は当初、妹が生まれて間もなく死ぬはずだったんです。それが、どういう因果で導かれたのか|癒し手(ヒーラー)に会ったんですよ。その人物の異能には彼は気付かなかったようですけれど」

「|癒し手(ヒーラー)か。原初の、いや人界ではかなりレアな異能者だな。偶然にしては、出来すぎている」

「でしょ!? そう思うよね!? やあ流石は名高い女神アテナ! だから私も誰かの意図を探ったの。でもね、全くの偶然。誰の策略も無かったのよ。本当に偶然で死の運命を回避するなんてとんでもない幸運でしょ! 一生分の幸運を使ったと言っても過言じゃないわ。それを暗示するかのように、再度紡がれていく彼の運命の先には何と他世界への転移なんてアクシデントがあるし。そんな訳で個人的に結構注目してた子だったの」

「じゃが、それはずると言うか幸運だっただけじゃろ? チートなどと言うには些か……」

 大黒と呼ばれた翁がスクルドの言葉に疑問を挟む。今でこそ大黒などと言う名で翁の姿を取っているが、この神も相当な武力を有する神だ。彼の言うように、チートとは本来不正な手段による不正な力の入手を指す。死の運命を幸運により回避したとは言えその言葉を向けられるのは少々乱暴だ。

「チートって言うのは、彼の才能について。言ったでしょう、無理やり才能を掴んだって」

「ああ、そう言えば」楽天 バック

「本来、人は誰しも必ず一つ以上の才能を持って生まれてくる。深澄真も、当然そう。彼は一つだけだけど、飛びっきりの才能をもって世に生まれてきた。死する運命だったから発揮される機会は無い筈だったんだけど」

「兄貴から聞いてる。概念レベルにも届く程の必中能力だったな。弓道で覚醒したんだっけか」

 スサノオは兄から聞いた深澄真の才能を思い出していた。集中の末に繰り出す、必ず的に中てる能力。それは月読によれば、単なる物理の領域を超える能力である可能性があると彼に教えられていた。異能が世に顕現し難い過酷な原初の世界において、それはかなり優秀な能力だと言える。

「ううん、違う。でも、それが私が彼をチートって読んだ理由。彼の才能は一つ。ただ一つだけ。だから彼の道は才能を覚醒させると言う意味では一本道。もっとも、人間は必ずしも自分の才を自覚している訳じゃないから、一本道でも歩き出す者とそうでない者がいるけどね。ただ深澄真はその才に気付いたの。でも、すぐに目を背けた。無意識だったかもしれない。認めたくなかったのかもしれない。きっとそれは自分が望む才能では無かっただろうから」

「どういう事だ? 己の才を理解しながらそれを否定したのか? その少年は」

「ええ、その通りよアテナ。幼い日の事だし、多分彼ももう覚えてはいないと思う。それから、彼は弓に出会い、そして励んだ。でも彼に弓の才能は無い。いえ、深澄真には彼自身は目を背けた才能以外には何の才能も無い。それでも弓を続けると言う事は、言わば道の無い道を進むようなもの」

「たった一つの才能を否定か。人間は本当

http://www.bagsindustrial.com

爆問・太田、滝クリ人気に毒づく
の表情が驚愕に染まる。

「やっぱり、無理じゃない」

こんな程度。二人はその言葉を女神に対して口に出来なかった。異常すぎる圧に、立って呼吸することさえ適わないのだから。

「……。二年よ。二年だけ私の神力で貴方達を保護しておいてあげる。その間に死ぬ気で体を鍛えなさい。本当に死ぬわよ、わかるわね。向こうでは魔法なんて使えないからね、頼ろうなんて思わないで」クロエ かばん

女神の言葉の終わりと異常な力場の消滅は同時だった。

二人は意外そうな顔をして女神を見つめる。その背は寂しげで。これまで見てきた彼女のどの雰囲気にもそぐわなかった。

「それに、私が送れる場所は髪も目も黒い色をした人が多いわ。貴方達は静かに過ごしたいのでしょう?聞こえないの?」

「は、はい!」

女神の態度の変化に気圧されて沈黙していた二人の内、男が何とか彼女の問いに応じた。

「なら髪と目は黒く染めておいてあげる。異世界で鬼と追われることのないようにね」

「ありがとう、ございます」

「後は、言葉ね。言葉と文字ぐらいわからなかったら誰だって困るもの。多少ズレはあるかもしれないけど許しなさい」

女神は、ニンフから何やら報告を受ける。

ぽっかりと開いた火口を下から見上げて、女神が天を仰ぐ。

「準備、出来たわ」

「女神よ、我らの神よ、感謝いたします」

「そういうの、いらない。私と世界を捨てていく者から感謝など受けない」

女神に情の温かみは感じない。さながら深く重い仮面でも被ったように。

「勘違いしないで。貴方達が揃って新世界にいける可能性は一割以下。そこで二年以内に生活できる程度まで鍛えられる見込みも一割以下。貴方達、才能も無いもの」

『……』

「こんなもの、死化粧みたいなものよ。ほぼ死ぬだろう者への哀れみ。それもタダであげるとでも思う? 私が、貴方達に!」

『……』

「対価は貰うわ。そうね、いずれ貴方達が新しい世界で生きていくことが出来たなら」

女神は続ける。二人のヒューマンはただ静かに言葉を待つ。

「そこで貴方達が手に入れた大切なものを一つ。私に捧げなさい。これが対価よ」

「例え何であっても」

「お約束します」

カナート=イオとキャス=トートは神妙にその言葉を承った。自分達と女神の最後の約定。二人にとってそれは世界を跨ぐ、繋がりを絶たぬ為の約定に思われた。

「こんなことには素直なのね。……イオとトート、か。イオは深い、トートは澄んでいるという意味だったかしら。ふん、神たる私がすることでもないけど」

そう区切って女神は魔方陣の中央に進む男女がちょうど横を過ぎたときに再び次の句を紡ぎだした。クロエ ショルダーバック

「|深澄(みすみ)、少しでも私に悪いと思ってるのならこの名を名乗りなさい。深いと澄んでいる、両方の意味のある言葉よ」

世界にノイズが加わり、立ち上った魔方陣の光は包んだ二人のヒューマンごと薄れ消えていく。

「……。行った、か。何よ、私の創ったこの世界の、一体何が不満なのよ! 後は、野となれ山となれよ。上手く行ったなら、本当にミスミなんて名乗ってたなら、いつか絶対に約定を果たさせてやるから覚悟してなさいよ」

世界転移の残滓をニンフに処理させてその痕跡や術式がこの場所から読み取れないように女神は文句を言いながら動き出す。

展開と同じくらいの時間をかけて丁寧な処理を行った女神は去ろうとするニンフを引き止める。

「寝るわ。絶対に何があっても起こすんじゃないわよ」

魔族による世界の混乱が起こる十三年前の話だ。

この後女神が不貞寝から目覚め、彼女と真の物語の開始ま

http://www.nckxx.com