loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



iPhone5c純正ケースの意外な使い方
発する。これじゃいけないと仕事には集中しても、彼の顔が視界に入るたびに意識が持っていかれる。でも目が合ってもどうしていいのかわからずに視線を外し、よそよそしい態度をとってしまう。
 寝返りを打ち、自室の天井を見上げた。そこにも彼の顔が浮かぶ。
nixon 偽物
 
 係長を応援したいと思ってきた。一番を目指す彼の手伝いをできたらいいなと思ってきた。私を支えてくれた陸上部の先生や部員の仲間たちのように。もう一度あの熱を感じることができたら、どんなに楽しいだろうと。
 でも彼が私に求めているものは、そうではなくて。
――男と女。
 そういう形で相手から望まれる現実に不安と戸惑いを覚える。それはまるで、観客席で見ていただけだったのが急に舞台の上に引っ張り上げられたみたいで、自分が今や傍観者ではないことが恐れにも似た感情を抱かせた。
 水野くんの思い出をときどき引っ張り出して満足していた恋とは全く違う、もっと実体があって、生々しくて、ふたりの距離を心と身体の両方で測るような。
 呼吸が聞こえるほど、匂いを嗅げるほど、体温に触れるほど近づいて、甘くて痺れるような感覚を互いに分け合うような。
 そんな関係を彼と築くのだろうかと想像しただけで、胸の鼓動が速まり身体の奥が疼く。それを直視したくない。でもその先を知りたい。
 自分の中で何かが目覚めた気配にかすかな慄きを覚える。  
 私、どうしちゃったのかな。彼が好きなのかな。好きになって後悔はしないのかな。
 こんな自信のなさでは答えなど見つかるはずはなかった。
 

「美春、それ砂糖!」
 兄の叫び声で我に返った。どこかを泳いでいた意識が目の前の鍋に戻る。スパゲッティを茹でようと沸かした湯にもう少しで砂糖を入れるところだった。
「お前は最近ボーッとしておかしい。頼りになるお兄ちゃんが可愛い妹の悩みごとを聞いてあげよう」
 私が塩とスパゲッティを湯に入れるのを見届けた後で、ここが理想の兄の出番とばかりに人生相談を買って出る。が、変態兄に本当のことは言えないので、適当な相談事はないかと考えながら口を開いた。
「んーと、実は……」
「瀬尾はやめとけ」
 いきなり核心を突くな!
「あ、あ、あ、あんちゃん……なして?」
 私の狼狽ぶりを満足そうに眺めて兄は言った。
「俺が気づいてないとでも思ってたのか。何年俺の妹をやってるんだ、お前は。『バレンタインデー限定スイーツ巡り』なんて嘘つきやがって」
 バレてたのか。まさか私の身体からスイーツの匂いがしなかったからではあるまいが。
「で、告白でもされたのか」
「違う……」
ニクソン ゴールド 時計
「でもあいつの気持ちに気づいた、と」
「……なしてあんちゃんが知ってんだ?」
 ため息をつき、苦いコーヒーを飲んだみたいな顔をする兄。
「あんな目で見られたら嫌でも気づくよ」
「あんな目?」
「俺を羨んでる目。お前を独り占めしてる俺が羨ましくて羨ましくて仕方がない」

 それはいくら何でも大げさだろうと思ったが、係長がいつも兄のことを気にしていたのは事実だった。
『お兄さんは今日何してるの?』
 その問いの裏側にどんな想いを秘めていたのだろう。
「お前はどう思ってるの、あいつのこと」
 率直に訊かれて言葉を濁した。答えはまだ見つかっていなかった。
 すると兄は得心したようにうなずく。
「お前が不安になるのも無理はないよ。女遍歴重ねてきた男だもんな。自分も結局その一人になるかもしれないと思えばためらって当然だよ」
「係長は、もうそういうんじゃないって言ったんだ。誓って一人だけだって」
 そこは彼のために反論したかった。兄にそんな評価を下されたくはなかった。
 彼が真剣な顔で訴えた日のことは忘れない。私も彼の言うことを信じると伝えた日。
「じゃあ何が怖いんだ? お前が先に進めない理由って何? あいつのこと信じてないからじゃないの?」

 兄の情け容赦ない言葉に私は唇を噛み締めた。
 信じる信じると口では言っておきながら、結局私は彼のこ
http://www.td9x.com

元恋人に「復縁婚」を迫ってもOKか
父のおかげ、たとえどんなに地味で変化のない仕事であろうが社会の役に立っているのだ、だから父を誇りに思え──と、小学生の私に何度も説いた。
 兄は幼い頃から頭脳明晰成績優秀で、高校に進学してからは勉強ばかりしていた。私は毎晩夜食におにぎりを持っていき、「頑張れ、あんちゃん」と馬鹿の一つ覚えみたいに言っていた。
 やがて東京の国立大学に合格した兄は故郷を後にした。
財布 レディース 人気

 父が亡くなったのは私が中学二年の秋だった。折からの長雨で地盤が緩んでいたところに大型台風が直撃し、各地で土石流の被害が出た。長年の顧客である独居老人を心配し様子を見に行った父は、崖下にあるその家で土砂崩れに遭い、帰らぬ人となった。
 新たに人を雇って新聞販売所を続けた母は、病で逝った。私が高校三年の秋のことだった。ショックのあまり進路も何も考えられなかった私は、兄の勧めに従って上京し、専門学校に入学した。


 午前十時。兄が指定した起床時間である。
 のろのろと兄の自室に向かうのは心理的抵抗が足を重くさせているからだ。しかしこれをやらないと、後が怖い。
 意を決して部屋のドアを開け、ベッドに近づき、兄の身体をそっと揺する。
「……お兄ちゃん、起きて。もう朝ご飯できてるよ。ほら、お兄ちゃんてば」
 気色悪くならないように、努めて平坦に言ったつもりだったのに。背筋が寒い。
 兄はこちらに背中を向け、布団をかぶったままで返事をした。
「何だよ、その棒読み。もっと心情込めて言えよ。はい、やり直し」
 とっくに目が覚めていたんじゃないかと思えるほど明晰なお言葉だ。クソッと思ったが、面倒くさくなる前に片付けてしまいたい。
「お兄ちゃん、起きて。ご飯が冷めちゃう。今日は買い物に連れていってくれるって言ったじゃない! ほらぁ、早く起きてってばあ」
 顔を引きつらせながら糖分過多な声を出す。すると、わざとらしく伸びをした兄は、
「日曜ぐらい寝かせろよぉ、もう、仕方ないなー、美春は」
 やれやれといった表情で、むっくりと起きだした。

――ウザい。変態。
 心の底から思った。
財布 miumiu


 母のお腹に宿った第二子が女の子だと分かった瞬間から、両親は兄に思想教育を施した。
『おとなしくて可憐な妹を守る、強くて優しい兄」『わがままな妹に甘い兄』『いつもあとにくっつくお兄ちゃん子の妹の面倒をついつい見てしまう兄』などという、古くから漫画や小説で使い回されてきた設定が大好きなベタな両親が、我々兄妹にもそのパターンを当てはめようとしたのだ。
 何かにつけ、妹を守れだの、優しくしろだの、兄とはこういうものだのと、私がまだ生まれてもいないときから洗脳された結果、面倒見が良いと言えば聞こえはいいが、やたらと心配性で過干渉な兄が出来上がる。
 未だ幼児であった兄が慣れない手つきで私のおしめを替え、離乳食をスプーンで私の口に運び、よちよち歩きの私の手を引く。
 それだけではない。私が聞き分けのないことを言えば優しく諭し、いたずらをすれば一緒に謝り、危険なことをすれば厳しく叱った。思えば何という分別くさい子供であったことだろう。

 成長するにつれて両親からは『理想の兄』、周囲の大人たちからは『よくできたお兄ちゃん』との評価を受けるようになった我が兄であったが、妹の私はというと、これがちっとも理想的ではなかった。
 つまり『おとなしくて可憐』でも『お兄ちゃん子』でも特別『わがまま』でもなかったのだ。
 お転婆で元気いっぱい、近所の子供たちと徒党を組み、売られたケンカは必ず買い、負けても泣き言は一切言わず、その上逃げ足も速かった。
 両親と兄は軌道修正に励んだものの、生まれ持った性格ゆえか、私は家族にとっていつまでたっても理想とはほど遠い存在だった。
 しかし陸上部に入って活躍し始めると、『自慢の娘』『自慢の妹』としての地位を獲得し、『理想の妹』という幻想は忘れ去られたと思っていたのだが。

 
 シャワーを浴びた兄が朝食の席に着く。Tシャ
http://www.xfnxss.com

たばこ、来年4月以降値上げ検討
知りたくもない私はブスッとしたまま報復攻撃を考えた。やられたままではいない。そして頭をぐるぐると巡らせた結果、天啓をひらめいたのだ。嫌でも課長を巻き込む方法を。
 ニヤリとして彼を見やると、少々ひきつった笑顔が返ってきた。
「……ひとつ条件があるんですけど」

samantha thavasa マテラッセ 財布

 数日後、人事部、派遣会社そして私との間で契約書が交わされ正式に社員になった。この会社に派遣されたときからの目標に到達できたことはやはり嬉しい。社長という問題は残っているがちゃんと手は打ってある。自分で自分を褒めてやりたい。
 その足で松永部長に報告に行くと、そこには顔の緩んだ工藤課長となぜか苦虫を噛み潰した顔の杉本係長がいた。
 なんとなく嫌な予感がして部長と課長に視線を走らすと、ニヤけた顔の二人が交互に口を開いた。
「社長命令が出てたんだよ、部長と俺に。絶対お前を正社員にしろって。できなかったら減棒だぜ? もうすぐ子供が生まれるってのにそりゃねえだろ? あー良かった、お前がオッケーしてくれて」
「食いもんに釣られてくれなくて初めはどうしようかと思ったぞ。お前さんもあれだな、社長がちょっかい出すようになって学習したんだなあ」
「あ、お前が出した条件、『社長がちょっかい出してきたら体よく追っ払う』役は係長に任せるから。部下が働きやすい環境を作るという仕事はそろそろ係長にやってもらおうと思っていたところなんだよ」
「社員になったんだからこれからやっかまれるぞ。背中に気をつけた方がいいかもしれんぞ? いやー、お前さんも大変な人に見込まれたなあ」
 がっちりと握手を交わしたふたりをぼんやりと見つめた。

…………やられた。
 
 私が心の中で課長の首を絞めたことは言うまでもない。 
第四話 異動の季節

「おはようございまーす」
 エントランスホールに立つ警備員のおじさんに挨拶すると、目深にかぶった帽子の下から少し眠そうな目がこちらを見た。
「おはようさん。いつも早いねえ」
 派遣社員としてこの会社で働くようになってから、そして正社員となった今でも、職場では一番乗りの私である。誰もいないオフィスに足を踏み入れる瞬間、競争しているわけでもないのに「勝った!」と思ってしまうのだ。
「あ、美春ちゃん」
 エレベーターホールとは反対側へ向かう私をおじさんが呼び止め、ニヤリと笑う。
ブランド 財布
「走るんでねえぞ?」
「分かってますよお、もう」
 自分のやったこととはいえ、いったいいつまでいじられるのかと思うと恥ずかしくなるのだが、気を取り直してそのままホールを抜け、非常階段へ向かう扉に手を掛けた。

 エレベーターを使わずに階段を上ってオフィスまで行くことは、すでに日課となってしまった。仕事柄パソコンの前に座っている時間が長いので、適度な運動は必要不可欠なのだ。
 週末の朝にはジョギングやダッシュなど走り込みをして、負荷を求める身体の欲求に応えてやっているし、この会社で働くようになってからは代々木公園にある陸上競技場、通称織田フィールドにも時折行ってはトラックの感触を忘れないようにしている。一般開放日には無料でトラックが使えるとあっては、走らない手はない。
 つくづく私は走ることが好きなんだなあ、と思う。
 

 恵比寿駅から徒歩七分の距離にあるH&Gコミュニケーションズは、十階建てのビルの八階から十階の三フロアを占めており、我がWEB事業部は最上階にある。
 エレベーターの脇にある階段は、日中はシャッターが空けられるため見た目を意識した作りになっており、社内のフロア間の行き来にはこちらが使われることが多い。
 一方、私が利用する非常階段は防火壁及び防火扉によって遮られた、無機質で簡素な階段室となっており、ここを十階まで上ってフロアに入り、IDカードを使って裏口から社内に入ることにしている。
 私の他に非常階段を使う人なんていないから、つい鼻歌が出てしまっても全然問題ない。それどころか、実はこっそりカラオケの練習までしている
http://www.230bc.com

フレッツ光が毎月735円割引になる「にねん割」
はなかったし、たくさんの本よりも一つの本が選びやすかったからだ。
 ジェイクが一つページをめくると、そこには斜体で書かれた文字が見えた。だが速記に近い速度で記すはずの斜体でありながら、文字は丁寧。それはこの本の持ち主の性格と、そして内容を誰かに見せることを前提で書いたのではないかと想像できる。
 ジェイクはさらに1頁めくってみせる。ロエベ 財布

「これは?」
「日記だと思う」
「読んでくれよ。暗くって文字が見えねぇ」
「読むぞ?」

 日記の文字は独特だが美しいといって差し支えない程度であり、日記の主の高い教養が垣間見える。

『緑が芽吹く月の3日

今日、新しい館が完成した。お父様からの贈り物。大切に使わないと。もう愛の行き場に困ることもない。
私の大好きなお父様。私が頼めばなんでも揃えてくれる。
でも今の部屋の数じゃ少ない。もっとたくさん作ってほしいわ。
私の愛情はピレボスの頂きより高く、大海よりも広く深いのだから。お父様は私の愛の程を知らないのね。恥ずかしいけどわかってもらえるように、ちょっとずつ示していたのに。
愛情表現って難しいわ。
gucci 財布

 緑が芽吹く月の10日

 今日、さっそく私の愛するべき人が現れた。
 名前はジョニ。遠い国の貴族だそうなの。この屋敷には物珍しさで訪れたのですって。
 お父様の館は芸術品だものね。でも、私の館も見てほしいわ。この館は私が設計したの。作ってくれたのはお父様と執事と、使用人達だけど。
 ああ、そうだ思い出したわ。お父様と執事はもちろんだけど、人足達も私は大好きなの。私のために屋敷を作ってくれたのですもの。
 だから私がたくさん愛してあげたいの。でも一度に50人にも愛情は注げないのね。私の不器用さを恨んで?
 しょうがないから、みんなに愛することにしてもらったわ。ちゃんと調理場のお肉の中に混ぜておいたから、きっと大丈夫。もうすぐお友達の元に行けるからね? 明日ジョニを歓迎するパーティーが開かれるから。でも、見知らぬ人にも接してしまうかも。人見知りの方がいたら、ごめんなさいね。


 緑が芽吹く月の11日

 ジョニが私の元に来てくれた。嬉しいわ。彼もとっても嬉しそう。
 だって、あんなに目を見開いて私を見てくれるのだもの。でも少し口数が多いわね。私はもっと言葉少なの殿方が好みだわ。
 そうだわ、口を縫ってしまえば口数は減るわね。針と糸を用意しましょう、できるだけ太い方がいいわね。私ってほら、不器用だから。裁縫道具はどこかしら?


 緑が芽吹く月の15日

 困ったわ、とても困ったわ。
 ジョニが中々私の言うことを聞いてくれないの。
 糸をすぐに引きちぎるし、扉を叩いて「ここから出せ」と叫ぶの。
 扉を叩く音がうるさくて書き物に集中できないから、手を壁に打ち付けてあげたわ。これで少し静かになる。私の愛情も伝わるし、一石二鳥ね。でも釘って思ったより耐久性がないの。五寸釘じゃ弱いのね。登山の足場に使うような、もっとしっかりした作りのでないと。
 そういえばジョニって、口数は相変わらず多いの。どうやらジョニはそんなに私の事好きじゃないみたい。それに頭もよくないのね。
 いっぱい愛して愛されるかと思ったのに、私の運命の人じゃなかったかもしれない。でも貴方を愛した責任はきちんと最後まで取るから、安心してね。
 明日はさらにあなたを愛するために、蝋を用意しているの。蝋なら糸よりも頑丈だと思うのね? 貴方にも、きっと届くはずよ。

http://www.przdsm.com

ハーフミラーのタッチキーボード
ァティが全て弾き飛ばす。同時にその腕を切り落とすと、さらに繰り出される連撃で魔王の体は再び八つ裂きにされた。

「今だ!」財布 ブランド 人気
「うおおお!」

 ラファティの掛け声とジェイクの突撃は同時。これがラファティにできる最大限の助力であり、彼にはついぞ魔王を倒すことは適わなかった。一見倒したように見える魔王も、確かにラファティには手ごたえがあまり感じられなかった。敵を倒した時、相手の命を奪った時に感じられる剣の重みがないのだ。
 ラファティは確信する。この戦いの幕を引くのはジェイクなのだと。なぜかはわからずとも、人並み外れた戦う者としてのラファティの感性がそう告げる。そしてそれは魔王も同じなのか、動かないと思われた八つ裂きにされた魔王の体の各部位が動いたのだ。

「キャキキキ!」

 もはや頭を裂かれろくに笑い声も上げられない魔王だが、それでも笑うことが義務だとばかりに魔王は笑おうとした。そして足にあった膝からは血のような吐瀉物が、鞭はまだ二つが動き、頭からは針のような物体が吐かれた。
 それらすべてをジェイクは予め知っていたかのように躱し、斬り飛ばされた脚の一本に斬り込んだ。ま一太刀、そして二つ、三つとその足を輪切りにするように追い詰め、五つ目の太刀を食らわせた所で膝に残った口が突然喋ったのだ。

「なぜここが本体だとわかった?」
「教える義理はないね」

 その直後、ジェイクは話した口の丁度真下の部位を十字に切り裂いた。するとジェイクに向けてさらに放たれようとした鞭がぴたりと止まり、一瞬で風化していった。体の残りも同様である。
 目の前の出来事が信じられないと言ったように、当たりは一斉に静まり返った。そしてジェイクが剣をラファティに返すと互いに頷き合い、ラファティが叫ぶ。
フレッドペリー テニスウェア
「勝鬨を上げろ! 敵の大将は討ち取ったぞ!!」

 直後、騎士達が剣を天上に掲げ叫んだ。実質召喚された魔物達はまだ残っていたのだが、その勝鬨を聞いて戦意を喪失しかけていた。やがてラスティの命令が残敵の掃討へと変わると、敵は武器を捨てて逃走を始めたのだ。
 追撃戦、掃討戦は武功を上げる最大の機会である。生き残ったクルムス―アルネリア両軍は先を競うように敵の追撃を始めた。その興奮の中、ジェイクは毅然とした態度で戦いを見守っていたレイファンの元にそっと寄る。

「怪我はありませんか、小王女」
「ジェイク殿のおかげで無事に。見事な戦いぶりでした」
「光栄にございます、小王女」

 恭しく礼をするジェイクに、レイファンはその面を上げさせた。

「このような場所ではありますが、何かの褒賞を持って貴殿の働きに報いたいかと。どのような物を所望されますか?」
「いえ、私はそのような物は何も。与えられた任務をこなしただけです。しかるべき評価は、やがて我が教会から下されるかと」
「ですが、それでは私の方が納得できません。今でなければ、将来的にでも何らかの形でこの恩に報いたいと思います。そうでなければ、私の方が中原の恩知らずと誹(そし)りを受けるでしょう。どうかここは諦めて、私に恩を返させてください」

 思ったより強引なレイファンにジェイクは困り顔をしたが、レイファンはそんなジェイクの表情を楽しむかのように笑顔で立っている。
 ジェイクは困り果ててラファティに助けを求めるが、ラファティはその状況を楽しむようににやにやとしており、そしてやがて報告に追われてその場を去ってしまった。
 ジェイクはしょうがないとため息をつくと、改めてレイファンに向き直る。

「では小王女、一つだけ私の頼みを聞いてくださいませ」


http://www.cnqxw136.com

親の葬儀への希望を聞く方法
向。ある契機ににてアルフィリースが彼女の身柄の面倒をみることになった。財布 激安

○ジェシア:獣人の商人。フェニクス商会所属である。アルフィリース達から巻き上げた金品を理由に彼女達にこき使われるが、実際には?

○ラキア:賭け事が大好きな若い真竜。『旋空竜』の異名をとるほど速度に優れた飛行能力を持つ。賭博場にてエアリアルに敗北。賭けの代償と、姉であるマイアの勧めもあり、アルフィリースの元に居候することになった。

○エクラ:イーディオド王国宰相、ハウゼンの娘。ハウゼンとアルドリュースが交わした約束もあり、アルフィリースが一時自分の元で預かることに。戦闘力はいまいちだが、実務能力に長ける女性。

○マイア:『天空竜』の異名をとる真竜。グウェンドルフとは兄妹のような間柄。ラキアの監視と、グウェンドルフの代わりにアルフィリースの元に居候することに。

○ライン:元騎士の傭兵。アルフィリースとは腐れ縁。世界を包む情勢に危機を感じた彼は独自の捜査を開始するが、その過程でアルフィリースの傭兵団に居つくことに。普段はおちゃらけているが、傭兵としては一流。

○ダンススレイブ:ラインを主と定めた魔剣。使用者の能力を極限まで引き出す特性を有す。

○ヴェン:エクラの護衛として、ハウゼンから使わされた剣士。相当の腕利き。

○アルフィリースの傭兵団の仲間達:ロイド、グラフェス、ドロシー、ピース

*

(アルネリア教)
 大陸に800年近く存在する、慈愛と救済を旗印とした団体である。その影響は多くの国に及び、アルネリア教の存在を無視できる国家は事実上ないに等しい。なお聖女アルネリアの像を各教会に置いてはいるが、アルネリアはあくまで偶像であり、教会の者達にとって自分達の行動を律するための戒めの様なものである。決してアルネリアを神と崇めているわけではない。グッチ 財布 コピー
 アルネリア関係者のほとんどは給仕、シスター、司祭などの非戦闘員だが、魔物を狩るための独自の戦闘部隊として神殿騎士団を抱えている。またミリアザールが自由に動かせる人材として、さらに実力者のみを選抜させた『巡礼』や、『口無し』と呼ばれる暗部も抱えている。

○ミリアザール:アルネリア教の最高教主。その正体は1000年近くの時を生きる魔物。時代に応じてその姿を変え、一人で何人もの最高教主を演じてきた。

○梔子:アルネリア教暗部「口無し」の長である女性。普段は女官としてミリアザールに仕える。ミリアザールにとっては口うるさい女性だが、実戦実務の両方を兼ね備えている。

○アルベルト:神殿騎士団団長。大陸でも有数の剣の使い手といわれる。彼にも何か秘密があるようだが?

○ラファティ:アルベルトの弟。神殿騎士で、妻帯者。現在の神殿騎士団ではアルベルトに次ぐ実力者とも言われる。

○ベリアーチェ:アルネリア教に拾われた人魚。ラファティの妻でもある。なお既にジャスティンという第一子をもうけている。

○モルダード:アルベルト、ラファティの父であり、神殿騎士。前神殿騎士団団長。

○マナディル:アルネリア三大司教の一人。主にグローリア学園の運営や、アルネリア内部の実務を行う。

○ドライド:アルネリア三大司教の一人。アルネリアの外渉を主に行う。

○ミナール:アルネリア三大司教一人。裏仕事を主に請け負う。ヒドゥンとの戦いで死亡。
 ミナールの部下:エスピス、リネラ、『犬』

○ロクサーヌ:エルフの剣士。ふとした契機にアルネリア教に拾われ、

http://www.aonwer.com

幻の技を出した白鵬の余裕
前のことなのだが、そこもかしこも華やかに着飾り、また身分の高いことを示すかのような飾り付けの馬車に乗っていれば、嫌でも威圧感威容は醸し出されようというものだった。
 そんな中、場違いな事に徒歩でハウゼンの屋敷に出向いたアルフィリース達は既に気後れしていた。彼女達を見る視線が冷たく感じられる。

「アルフィ、我は嫌な種類の視線を感じるぞ?」nixon 偽物
「私もよ、エアリー。完全に場違いよね、私達って」
「まったくよ。こんなところには普通、伯爵以上の身分しか来ることができないわ。それも会見の申請をして、何カ月も待って、それでわずかな時間だけ謁見を許される。だからこそ東では限られた時間で自己主張をする弁舌家なるものが活躍し、また職業としても成り立つのだけれど。会うまで何カ月もかかるとは思わなかったの?」
「うう、面目ない」

 アルフィリースがしゅんとしたのでターシャも多少言いすぎたかと思ったが、事実を正確に述べただけでもあるので、謝りようもなかった。
 後ろからついてくるラキアといえば、アルフィリース達のやりとりを無表情に見るだけで、特に何の意見をするわけでもない。それは真竜が多種の生業に口出しをするものではないという掟が存在するからでもあるが、それ以上にラキアはマイアの言い付けを守っているのだった。

「アルフィリースの行動を傍で身守りなさい。きっとあなたを退屈させないから」

マイアが優しく微笑みながら言う時は、かなりの確信があるのだといつもラキアは思っている。こういう時の姉の言葉は、ラキアとしても真剣に受け止めることにしている。まだマイアの言葉の意味をラキアはわかっているわけではないが、とりあえずは素直に聞いてみようと思うのだ。
そうでなくとも真竜と聞いて、対等に話をしようとする人物は種族を問わず珍しい。特に真竜の背に乗るなど、真竜を崇拝する者達なら一生額を地にこすりつけて感謝しそうなものだが、アルフィリースは昨日の寝際に「乗り心地がイマイチ」などとのたまった。おかげでちょっとした口喧嘩になったわけだが、ラキアが真竜の仲間以外に口喧嘩をしたのはこれが初めてである。

「まあ面白くはありそうね」ニクソン ゴールド 時計

 ラキアがぽつりと呟く間にも、アルフィリースはハウゼンの屋敷の正門前をうろうろしており、完全に不審者と化していた。来訪者の要件を聞き、整列させる者達もそれなりの身分の証を立てない者へ接するかどうか迷ったが、その内のまとめ役であろう上品な男性が一歩、アルフィリースの方へ進み出る。

「もし、来訪者の方。何か我が主人の屋敷に用でございましょうか?」
「あ、え~っと用って言うか、私はここの屋敷の主人に会うように言われたのよね」
「会うように言われた。それはどちら様に」

 来訪者に失礼のないように、執事の正装に身を包んだ上品な男性は聞き違えのないよう、アルフィリースの言葉を反復しながら確認するように話していく。とても優しい物腰であり、アルフィリースも多少緊張がほぐれるのだった。

「私の師匠に言われたのよ」
「なるほど。失礼ですが、その方のお名前を伺っても?」
「アルドリュースと言うわ」
「アルドリュース!」

 その名前に、男性の目が見開かれる。その表情は意外そうな、しかし徐々に嬉しそうな表情へと変化した。

「失礼ですが、アルドリュース=セルク=レゼルワーク殿で間違いないでしょうか?」
「ええ、確かそんなフルネームだったわね。私も時々忘れそうになるのだけれど」
「これはこれは」

 男性は楽しそうに笑った後、部下であろう男達に手で合図をする。すると、順番を先頭で待っ

http://www.td9x.com

カンボジア邦人銃撃で男2人逮捕
にはジェシアの荒い息遣いと、なぜかすっきりした顔のロゼッタとラーナ。そして顔を赤らめているその他の面々がそこにはいた。後にギルド長は語る。「久しぶりにイイモノ見たぜ」と。
 そして床に這いつくばって息を切らせるジェシアに、リサが話しかける。バッグ レディース

「さて、私達にこれでも金を返す気がないなら、今度は最後までロゼッタとラーナを解き放ちますが?」
「わ、わかったわよう。まったく、なんて恐ろしい傭兵団なんだろう」

 ぶつぶつと呟きながら金銭を取り出すジェシアに、それを受け取るリサ。

「はい、これで全部」
「本当に? なぜわかりますか?」
「私は一度やり取りした金銭の額は決して忘れないの。それに一度払うと言ったら、この身に変えても払うわ。商人にも、プライドはあるのよ」

 ジェシアがきっとリサを睨み返したが、リサにはそのような目つきは分かるはずもなく。ただ声の調子と、引き締まった表情は感知できるので、ジェシアが本気であることぐらいは分かっていた。だがここでアルフィリースがさらに意地の悪い提案をした。

「リサ、それじゃ全然足りないわ」
「は? いや、だって」
「世の中には利子というものが存在するの。商人なら知っているでしょう?」

 アルフィリースの言葉にジェシアが「しまった」という顔をした。先ほど商人のプライドうんぬんの話をした後では、いまさらなかったことにはできない話である。
 そして、アルフィリースはうまうまとジェシアから相応の対価を支払わせることに成功した。彼女達が組織するギルド、フェニクスから物資、人材援助を受けることに成功したのである。リサとロゼッタの助言できちんと証書を作り、それらに条件を提示していくアルフィリース。それは彼女が傭兵団を本格的に組織して動かす時にこそ、効力を発揮するものだった。
 そしてジェシアが悲しそうにしくしくと泣きながらギルドを一旦後にしたが、彼女はギルドを出たのち、その表情をころりと変える。そして悠然とした表情でそのままギルドから離れ指笛を吹くと、彼女の元には一羽の伝書鳥が舞い降りた。その足に手紙をくくりつけるジェシア。財布 ブランド

「これでよし、と。さて、ちょっと予想とは違うけど上手く取り入ったわね。でもここからどうするべきかしら? まずはアルフィリースとかいうあの子の出方をうかがいましょうか? せいぜい私を楽しませてよね」

 そこにはこれからの事を想像して、企み深そうに笑うジェシアがいたのだった。


***

「それで、アルフィはマスターの申し出を受けるの?」
「ええ、そのつもりよ。傭兵団の本拠はここアルネリアに置こうと思う。もっとも、活動拠点となるかどうかは別にしてね」
「なるほど。それはいい発想だわ」

 ミランダがお茶を入れながら笑う。ここは深緑宮殿内、ミランダの私室である。ミランダが留守中に山と積まれた書類をかたずけながら、アルフィリースとおしゃべりをしている。
アルフィリースはギルドを離れた後、深緑宮へと足を向け、正式にミリアザールの申し出を受けることにしていた。そのことをミリアザールに伝えた時、妙に彼女が楽しそうだったのがアルフィリースには印象的だった。

「で、これからどうするのさ?」
「どうやら突貫工事を行っても、建物の完成は冬前になるかもしれないんですって。それなら、私はそれまでアルネリアにとどまるより、少し行きたいところがあるの」
「えーっと、東のベグラードかな?」
「ご名答」3

http://www.dx376.com

北朝鮮で15年過ごした独裁者の娘
けど。呪印を沢山使ったせいかなぁ?」
「呪印が馴染んでいるのかもしれませんね」

 ラーナがアルフィリースの疑問に答える。傘 専門店

「馴染む?」
「ええ。押さえつけると反発するなら、体が呪印に適応して取り込もうとしているのかもしれません。推測ですが」
「ふぅん。まあ副作用が少なくなるなら言うことなしよ」

 アルフィリースはお気楽に笑ったが、言うほど簡単な事ではないだろう。アルフィリース達が一息ついて談笑する場面に、明らかに不機嫌そうなロゼッタが歩いてくる。

「」
「あらロゼッタ。そっちの被害は?」
「20人程度がやられただけだ。あの戦力差を考えれば奇跡だな」
「やっぱり腕ききだわあなた達。そのくらいで済むのなら」

 アルフィリースが事もなげに言ったので、ロゼッタはアルフィリースの胸倉をつかみ上げる。

「ふざけるな! こんなことに巻き込みやがって!」
「あら、あなたは『村人の命なんか知るか』って答えたのよ? 人の命を大切に出来ない人間は、自分の命も大切にされない。長らく生きていて、そんな基本的な事も知らないの?」
「知ったような口を!」
「聞くわよ。だって私はこの考えで生きているのだから。ロゼッタ、あなたとは相入れないかもしれないけどね」

 その言葉で睨み合う二人は、ロゼッタがやがてアルフィリースを掴む手を離したことで治まった。

「胸糞悪い女だよ、お前。聖人君子ぶりながら他人を平気で利用する。ただの悪党よりも、何倍も性質(タチ)が悪い。二度と顔も見たくないね!」
「そう? 残念ながらずっと見ることになるかも」
「どう言うことだ?」

 ロゼッタが苛立ちも露わにアルフィリースを睨みつける。

「ロゼッタ、あなた私の仲間になりなさい」
「はあ!?」

 ロゼッタだけでなく、ミランダや他のメンバーまでが驚きの声を上げる。折りたたみ傘

「どういうことだ?」
「私はこれから自分の傭兵団を作るのだけど、貴女の力と経験が欲しいの。こんな戦場で放っておくには、あなたの力は惜しいわ」
「ふざけるな! さっきの話を聞いてなかったのか?
「聞いてたわよ。でも関係ないわ。私は貴女が欲しいの」
「勝手に言ってろ! アタイは誰にも従わない。アタイは一人でやってきたんだ。今までも、これからも!」

 ロゼッタが激昂するのを、アルフィリースが悲しい顔で見つめていた。

「そうして、いつか一人で名も無い戦場で野垂れ死にするのに?」
「そうだ! 傭兵はそんなものだろう?」
「私は違うと思う」

 アルフィリースは首を横に振る。

「私達は傭兵で、剣を取って戦うことを選んだし、あるいは選ばざるを得なかったけどそれとこれと一人でいるかどうかは全く別の問題だよ?」
「やはりお前とはそりが合わないね。考え方が甘すぎる」
「それでも。私は自分の信念を曲げない。そんな生半可な覚悟では剣を握ってはいない」
「そこまで言うならアタイを力づくで従わせてみるんだね」

 ロゼッタが剣をアルフィリースに向ける。

「所詮アタイ達は傭兵。言葉よりも、剣(こっち)で語るのが似合ってる」
「やっぱりこうなるのね」
「そうさ。アタイはいつもこうしてきた。そうやってここまで生きてきたんだ。アタイに剣で勝ったら何でも言うこと聞いてやるよ。仲間にするもよし、煮るなり焼くなり好きにしな」
「わかったわ。勝ったらいいのね?」

 だが、逆にアルフィリースは剣を収めてすたすたと歩き始める。その動作に呆気にとられる一同。

「何をしてる!?」
「え? 戦う準備だけど?」

 アルフィリースはその辺に落ちた剣をロゼッタの周辺に無造作に

http://www.beardjp.com/

ブルワーズ 青木と契約延長意向

竜騎士三人、その4~金の竜騎士~
ニクソン メンズ 時計
「レクサス、お前いやに親切だな?」
「あれ、ばれました?」
「一応、3年近い付き合いだからな。何か企んでいるのか?」
「いえ、何も。今回だけは何も企んでないですね。純粋な好意ってやつで」

 レクサスがにかっと笑う。

「あのお嬢ちゃん、短期間でいい顔するようになってたんで、嬉しくてつい、ね。あのくらいの傭兵は沢山いるだろうが、成長速度がすごい。もしかしたら、アルフィリースはすごい傭兵になるのかなと思ったりして」
「ほうお前もそう思うか」
「て、ことは姐さんも」

 だがルイは答えず、ニヤリとしただけだった。

「となると、敵にしろ味方にしろ、大物の方がいいですよ。味方なら頼もしいし、敵なら戦い甲斐がある」
「そうだな。不本意だが、その点だけはお前と同意見だよ。私もいつか彼女と全力で剣を交えてみたい」
「それはどっちかが死ぬでしょうねぇ。美人にゃ生きてて欲しいんだけどな」
「また軽口を」
「本音ですよ。美人が死ぬのは世界の損失」

 レクサスが自分のグラスに酒を注いでいる。そしてアルフィリースがちょうど帰ってきたおり、眠っていたと思われたリサががたんと席を立った。同時にアマリナも耳を澄ましている。

「これは竜の鳴き声?」
「それだけではないな。風切り音も微かに聞こえる」
「マジですか? 俺にはまだいや、何かしら殺気めいたものは感じるな」

 レクサスも気配には敏感である。特に地上のことならリサ並に敏感なのだが、空中となるとアマリナの方にやや分がある。

「竜騎士が乗る飛竜だろうね、しかも数が多い。30騎前後かな?」

 突然グウェンドルフが発言したので、全員驚いた。アルフィリース達には想像できたが、ルイ達にはなぜ目の前の優男の様なグウェンドルフがそのような事がわかるのか理解できず、訝しんでいる。

「なるほど、グウェンの言う通りですね」
「こんなところに竜騎士?」
「ローマンズランドだろう」nixon 店舗

 アマリナがさも当然と言わんばかりに答える。

「だってここはブリュガル領でしょ?」
「ローマンズランドには関係ないよ、横暴な国だからな。属国相手に敬意などいちいち払わんさ。なにせローマンズランドの下級外交官が、属国の政治に口出しして私服を肥やすくらいだからな」
「そうなの」
「だが問題はそこじゃない。なぜこんなところに、しかも夜中に、ということだ」

 ミランダが現実的に指摘をする。その言葉にまたしてもアマリナが口を開いた。

「そういえば私は偵察のために竜を飛ばしたんだが、この先のブリュガル領の出口に検問があったな」
「検問?」
「先ほどお前達が説明したろう? フェブランで一悶着やらかしたのなら、確かに検問が張られてもおかしくない」
「に、しても早過ぎない?」

 ミランダの計算ではもう少し後の予定だったのだ。だからこの町に2日も滞在したというのに。上層部に報告が行ってから検問が張られるまでが早過ぎる。

「定期的に視察に来ている連中にでも報告が行ったんだろう。運が悪いな」
「ど、どうしようやっぱり人相でばれちゃうよね?」
「というより、ほぼ女だけでこの人数で旅してれば嫌でも目立つもんねぇ」

 ミランダの言葉は尤もな事である。実際街道を移動していても通行人にかなりアルフィリース達は注目されていた。女ばかりで旅をする一行も珍しいし、何より美人揃い。馬も大きいし、グウェンドルフも見た目はかなり美しい男だ。これで注目を集めない方が珍しいだろう。
 そして問題は追跡者がローマンズランドということであ

http://www.w13d.com

テニス ナルバンディアンが引退

死を呼ぶ名前、その15~救援と別離と~

「かかったわね」edifice casio セイコー 時計 人気
「?」

 ライフレスがアルフィリースの言葉の意味を謀りかねた瞬間、ミランダを捕まえていた腕が切り飛ばされる。そしてライフレスが反射的にその方向を振り向くと、ミランダを抱きかかえるように、女が一人いた。
 と、同時に女が何かをライフレスに投げつけ、一面が眩しい光に包まれた。

「なんだこれは!?」
「これは光爆弾?」

 ライフレスと同時に、アルフィリース達も視界を潰される。だが、ライフレスがいち早く視界を取り戻した時に、アルフィリース達はニアの所まで既に後退していた。そのアルフィリース達を守るように立ちはだかる、三人のくの一達。
 さしものライフレスも驚きの色を隠せず、思わずお決まりの言葉をくの一達に投げかける。

「何者だ、お前達」

 だがくの一達がライフレスの言葉を気にかけることはなく、それぞれが顔を見合せる。

「では、打ち合わせ通りに」
「ミランダ様、アルフィリース殿、脱出します。どうかこちらへ。楓、後は任せます」
「承知」

 ライフレスを無視して動き始めるくの一達。その展開にライフレスも再び呆気にとられるが、だがその展開に付いていけないのはミランダも同じこと。くの一達を見て、ぽかんとした表情を浮かべている。

「あんた達、誰?」
「ミランダ、説明は逃げながらよ。エアリー、フェンナ、走れる?」

 アルフィリースの声に、よろよろとだがエアリアルとフェンナが立ちあがる。エアリアルは聞き手を負傷し、残る手も痛めているがそんなことを言っている場合ではない。フェンナも、ライフレスに殴られた腹を押さえながら立ちあがる。そして、どうやら現在の状況を一番正確に分かっているのはアルフィリースだった。

「なんとか、大丈夫だ」
「私もいけます」casio oceanus セイコー クレドール
「よし。私は最悪魔術を使うから、両手は空けておきたいわ。エアリーは馬を回収して連れてきて。ミランダ、ニアをよろしく」
「あ、ああ」
「他のメンバーは走れるわね? では先導をお願いできるかしら」

 アルフィリースがてきぱきと指示を飛ばしくの一に言葉をかけると、無言で頷き先導を始めるくの一2人。アルフィリース達の後方では、残ったくの一と、ライフレスが対峙していた。

「おい、まさか俺を一人で足止めする気じゃないだろうな?」
「いけませんか?」

 くの一が答える。その背はまだそれほど高くなく、体つきを見ても幼さを残す体型をしている。表情こそ覆面でわからないが、おそらくは少女なのだろう。そのくの一が、さらに言葉をつなぐ。

「むしろあなた程度なら、私一人でも倒してしまえると考えているのですが」
「面白いことを言う小娘だな。よかろう、貴様の相手をしてやろう。ただし!」

 ライフレスが語調を強める。

「貴様がつまらぬ輩であれば、これ以上ないくらいに嬲ってから殺す」
「心配せずとも御期待には添えるかと。では参ります」

 少女のくの一が左手で目を覆う。なんのつもりかと一瞬訝しんだライフレスだったが、少女の目を再び見た時、茶色だったはずのその目は紅蓮に燃えていた。

「魔眼か!」
「燃えろ!」

 ライフレスが魔眼を認識するのと同時に、その体があっという間に全身炎に包まれる。ライフレスが無詠唱の氷の短呪を自分に向けて放つが、炎の勢いをわずかながらに抑えることもできなかった。

「(普通の炎ではない?)」blackest-watcheditorjp.com

 ライフレスが気づいた時は既に遅く、炎がまるで枷のようにライフレスの四肢にまとわりつき、その身を捕縛する。そして炎の鎖で繋がれた状

あなたは「最後の女」になれる
相対的に下がってしまう。それゆえ錬金術で自由に金を作りだせたとしても、無意味なのです」
「な、なんだと?」
シーバイクロエ バッグ 新作
 王子は心底意外そうな顔をした。そんなことは考えたこともなかったのだろう。フェンナはさらに言葉で追い打ちをかける。

「そんなことにも気がつかないとはしかも人に言われるままに兵を繰り出して争いをするなど、このような愚か者、馬鹿者のために私の家族は友人は」

 フェンナがうつむいて唇をかみしめている。が、

「ワシがバカだと!? ふざけるな! ワシはバカなどではない!」

 王子が突然激昂した。フェンナが流れる涙も隠さず吠え返す。

「貴方が馬鹿でなくてなんなのだ!? 私欲のために兵を出し、他の者を死に追いやるなど為政者のすることではない!」
「私欲ではない! ワシは我が国の民のため、よかれと思ってやったのだ!」
「そのためなら私の仲間は死んでも良いのか!?」

 フェンナが一層声を張り上げる。引き絞った弓を今にも放たんばかりの勢いだ。その瞬間王子の命は終わるのだが、そんなことを彼は忘れているかのように話し続ける。

「ダークエルフなど汚らわしい一族だ! ちゃんとそう本に書いてあったぞ? 貴様たちは魔王に手を貸して追放された一族なのだろう? つまりワシは正義だ、正義のワシが宮廷で認めてもらうために死ねるのだ。光栄に思いこそすれ、恨まれるいわれなどない!」
「な」ショルダーバッグ クロエ

 フェンナが絶句する。誤解もあるとはいえ、とんだ暴論である。いい加減ニアやミランダだけでなく、ブラックホークの面々や、果ては王子を護る兵士にまで嫌悪感を示している者がいる。もはやフェンナは怒りが限界を通り越して、言葉も出ない。それを自分が言い負かしていると勘違いしたのか、さらに王子が言葉を紡ぐ。

「ワシは宮廷で認められなければならないのだ。ちょっと兄君達が優秀なだけで皆、皆ワシをバカにした! ちょっと背が低くて太っているくらいなんなのだ。馬に乗れないくらいなんなのだ。勉学ができなかったからなんなのだ。王族はなんでも人より優れていなければならないのか? それをあいつらは愚図だ、ちびデブだ、ノロマだ、ハゲだと陰口を叩きおって。それを八つ当たりするために庭園の枝を折ったり、ちょっと近侍に当たりちらせば、やれ暴君だのなんだのとそれでもワシは皆に認めて欲しかったんだよ! そのために役にも立たない、汚らわしいダークエルフを殺して何が悪い!? おとぎ話ではつねに正義が悪を滅ぼして終わりだろう! 貴様らダークエルフなどは、ワシという正義のために死ねばよいのだ」

 怒り狂った顔で王子が激白する。多少同情すべき点もあるかもしれないが、それがいかに独善的であるかには全く思考が及んでいないようだ。むしろそうだったからこそ、宮廷で嫌われたであろうことに全く気が付いていないのではないか。たとえ人として特別優れておらずとも、その仁徳や人柄で名君の名を残した王や諸侯は沢山いる。彼の本当の不幸は、為政者として何が必要なのかを説く人物が周りにいなかったことであろう。
 だが、フェンナの怒りはそれでは治まらない。静かに森の中で暮らしていた自分の一族を、たったそれだけの、一人の見栄という理由でほとんど皆殺しにされたのだ。しかもおとぎ話と同レベルで自分の仲間達の命を語られた。既に怒りが限界を通り越し、弓矢を持つ手がガタガタと震えている。顔は怒りで完全に上気し眼は見開かれ、さしもの美しい顔も台無しに近く、まさに鬼のような形相だ。

「姐さん。金にはならんスけど、あいつ殺していいですか? なんか本気で腹立ってきたんですが

http://www.time114a.com

「Yahoo!検索」と「Ameba」が協業
魔王戦であったことは事実じゃ。全てが上手くいくわけではない」
「は。ですが、私はそれでは困ります。それに、ミランダ様のことはお気にならないので?」
「それは気になるがワシこそ本来一介のシスターに気を揉める立場ではない。まあそなたも反省点があるなら次に生かせ。それより話を元に戻そう。アルフィリースはお主の目から見てどうじゃ?」casio lineage 時計 セイコー

 ミリアザールが鋭い目をする。真剣に問うているようだ。

「今すぐやれば、私が負けることはないでしょう。ただしアルフィリース殿が私を全力で殺しに来れば、私など一ひねりであるかと」
「そこまでか?」
「なにせ剣と魔術ですから。私も多少魔術は使いますが、あの魔力は尋常ではない。マスターもご覧になったのでは?」
「いや、それがアルフィが呪印の力を解放した時に思念が乱れての。どうやって倒したかは見ておらん」
「魔王が抵抗する暇も無いほどの魔術の三連撃でした。私は魔術に詳しくありませんが、かなり上位の魔術を用いたのではないかと」
「ふーむ、まあアルドリュースが呪印で封印するくらいじゃからそのくらいはやるか。んで、ワシが仮にアルフィリースと戦うとしたらどう思う??」

 ミリアザールはやや意地の悪い質問をした。だがアルベルト真剣に考え、そして

「アルフィリース殿の方が強いかもしれません」
「なんと?」

 この返答にはミリアザールが驚いた。ミリアザールは内心、その可能性もあるかもしれないと思いつつも、それを他人から言われるとドキリとする。

「なぜそう思う?」
「魔王を一ひねりにしたとき、それでもまだ全力ではないようでした。あの時使える全力はあれだったのかもしれませんが、もし彼女が周りのことも自分の後先も考えず大暴れしたら、単体で彼女を止められる者が世界に存在するかは疑問かもしれません。その代償として彼女は命を落とすかもしれませんが」
「そこまでヌシに言わせるか」
「特に普通ではないのがあの殺気。昔ミリアザール様の全力を見せてもらいましたが、戦闘の経験値は貴女が上でも、出力は彼女が上かもしれません。正直、呪印を解放したアルフィリース殿に私は足が震えました」
「なるほど」

 ミリアザールは思わず腕を組んで、むむ、と考え始めた。腕時計 casio ブライツ アナンタ

「(なぜあれほどの力を持つ者が、生まれつきから目も付けられず放置されていたのか詳しく調べる必要があるかもしれんな。いけすかん奴だが、魔術教会の代表に会っておく必要が出てくるか)」

 ミリアザールは魔術教会の代表の顔を思い浮かべる。どうにも苦手な人間だが、とりあえず自分に敵対する人間でないことがわかっているだけ、まだいい。アルフィリースの件は、放置できない問題に発展するかもしれないと考えるミリアザール。あるいは既に手遅れなのかもしれない。

「ミリアザール様、彼女は放置されるので?」
「なんじゃ? お主、あ奴を斬ったほうがよいとか考えておるのか?」
「個人的にそういうことは好みません。が、貴女の命令は全てに優先しますので」
「そのように不服そうな顔をされて言われてもな。ワシはそんな無茶な命令はせんよ。ただ、あらゆる事を想定しておいた方がいいと思っただけじゃ。たとえばミランダとアルフィリースが戦う、とかの」
「それはそうかもしれませんが」

 口では従いつつも、かなり不満そうな顔を前面に押し出すアルベルトを見て、ミリアザールはニヤニヤする。どうやらアルベルトもアルフィリースを気に入っているらしい。

「それより、お主達がうかれて騒ぐ前に行っておきたいところがある。付いてこい」
「御意」

 ミリアザールはアル

blackest-watcheditorjp.com

Google、モバイル検索の新機能発表

...read more 题目:bersun - 博客分类:服饰品牌