loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



Google、モバイル検索の新機能発表

まれつきこういうわけじゃなかったんだけどさ。とりあえず今は何されても死なない。八つ裂きにされたこともあるけど、死ななかったしね」
「」
「あ、でも首を落とされたら流石に動けないよ? それに痛くないってわけでもないし。心臓刺されるとか痛すぎて動けないから」
「」
「気持ち悪いでしょ、こんな人間? もう人間ですらないかもしれないけどね。アルフィも無理しなくっていいよ。もうアタシ、アンタの目の前から消えるからさ。こんな気持ち悪いのと一緒に旅とか、無理だもんね」
「アノルン!!」
「は、はいっ!」レディース リュック

 突然大きな声で名前を呼ばれ、思わず畏まってしまうアノルン。

「そんなことより前に、私に言うことないの?」
「そ、そんなことって。アタシだって、結構一大決心で言ったのに」
「アーノールーン?」

 なんだかアノルンにはよくわからないが、アルフィリースの目が真剣に怒っている。

「(こんな剣幕でじっと見られたことなんか、この子と旅していて一度もなかったわねどんなにからかっても決して怒らなかったのに)」

 そうとうに決まりが悪いが、ごまかしがきく雰囲気じゃないことくらいはアノルンにもわかる。

「あー、うー、ごめんなさい」
「よろしい。じゃあ許したげる」

 そう言ってアルフィリースがアノルンを抱きしめた。

「私の方こそごめんなさい私が最初から呪印の力を解き放っておけばアノルンは、大切な友達は死なずに済んだのにって夢に見てたのよ! でも、でも生きててよかった本当に!」

 アルフィリースの肩が小さく震えている。そのアルフィリースをそっと抱き返しながら、アノルンは思う。

「(泣いてるんだ。この子は私のために泣いてくれるんだ。私のことを不死身だと知っても変わらず接してくれたのは、これで三人目だ)」

 アノルンの胸の内にも熱い思いがこみ上げてくる。

「私のこと、友達だって思ってくれるの?」
「当り前じゃない! 何言ってんのよ!?」
「でも、私不死身だよ? もう300年は生きてるよ??」
「関係ないよ! アノルンはアノルンでしょう?」鞄 メンズ

 アノルンの目をアルフィリースは真っ直ぐに見つめている。そういえば、昔同じことがあったなと、アノルンは思い出す。

『不死身? それは重要なことか??』
『不死身? それじゃ永遠に美人のまま? 最高だね!』

 そう言ってアノルンのことをまっすぐ見つめた2人の顔が思い出される。

「(そうか。マスターの言った前に進むって意味がちょっとわかった気がする。私はこのままじゃいけないんだ)」

 アノルンは覚悟を決めた。今が今こそがきっと自分にとっての試練の時なのだと腹をくくる。

「ねぇ、アルフィ。アンタだから言うけどさ。アタシの昔話、聞いてくれる?」
「私でよければ」

 アルフィリースが優しく微笑む。ああ、この子なら大丈夫だとアノルンは安堵し、彼女はポツリポツリと自分の過去を話し始めた



「アタシね、山間の薬師の村に生まれたんだ」

 アノルンがふと遠い目をする。

「族長の孫でね。村じゃ『お嬢様』なんて呼ばれてた。アタシがだよ?」

 はは、と乾いた笑いを漏らすアノルン。どこか自嘲的にも見える。

「アタシの村では色んな薬を開発してた。回復に使う薬が中心だったけど、他にも爆弾みたいなものを作る奴もいたし、毒薬なんてのもいたな一番有名なのがエリクサーかな」
「エリクサーってあの、死人も甦

http://www.xianggc.com 题目:bersun - 博客分类:服饰品牌

留言

发表留言












只对管理员显示


引用