loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



「Yahoo!検索」と「Ameba」が協業
魔王戦であったことは事実じゃ。全てが上手くいくわけではない」
「は。ですが、私はそれでは困ります。それに、ミランダ様のことはお気にならないので?」
「それは気になるがワシこそ本来一介のシスターに気を揉める立場ではない。まあそなたも反省点があるなら次に生かせ。それより話を元に戻そう。アルフィリースはお主の目から見てどうじゃ?」casio lineage 時計 セイコー

 ミリアザールが鋭い目をする。真剣に問うているようだ。

「今すぐやれば、私が負けることはないでしょう。ただしアルフィリース殿が私を全力で殺しに来れば、私など一ひねりであるかと」
「そこまでか?」
「なにせ剣と魔術ですから。私も多少魔術は使いますが、あの魔力は尋常ではない。マスターもご覧になったのでは?」
「いや、それがアルフィが呪印の力を解放した時に思念が乱れての。どうやって倒したかは見ておらん」
「魔王が抵抗する暇も無いほどの魔術の三連撃でした。私は魔術に詳しくありませんが、かなり上位の魔術を用いたのではないかと」
「ふーむ、まあアルドリュースが呪印で封印するくらいじゃからそのくらいはやるか。んで、ワシが仮にアルフィリースと戦うとしたらどう思う??」

 ミリアザールはやや意地の悪い質問をした。だがアルベルト真剣に考え、そして

「アルフィリース殿の方が強いかもしれません」
「なんと?」

 この返答にはミリアザールが驚いた。ミリアザールは内心、その可能性もあるかもしれないと思いつつも、それを他人から言われるとドキリとする。

「なぜそう思う?」
「魔王を一ひねりにしたとき、それでもまだ全力ではないようでした。あの時使える全力はあれだったのかもしれませんが、もし彼女が周りのことも自分の後先も考えず大暴れしたら、単体で彼女を止められる者が世界に存在するかは疑問かもしれません。その代償として彼女は命を落とすかもしれませんが」
「そこまでヌシに言わせるか」
「特に普通ではないのがあの殺気。昔ミリアザール様の全力を見せてもらいましたが、戦闘の経験値は貴女が上でも、出力は彼女が上かもしれません。正直、呪印を解放したアルフィリース殿に私は足が震えました」
「なるほど」

 ミリアザールは思わず腕を組んで、むむ、と考え始めた。腕時計 casio ブライツ アナンタ

「(なぜあれほどの力を持つ者が、生まれつきから目も付けられず放置されていたのか詳しく調べる必要があるかもしれんな。いけすかん奴だが、魔術教会の代表に会っておく必要が出てくるか)」

 ミリアザールは魔術教会の代表の顔を思い浮かべる。どうにも苦手な人間だが、とりあえず自分に敵対する人間でないことがわかっているだけ、まだいい。アルフィリースの件は、放置できない問題に発展するかもしれないと考えるミリアザール。あるいは既に手遅れなのかもしれない。

「ミリアザール様、彼女は放置されるので?」
「なんじゃ? お主、あ奴を斬ったほうがよいとか考えておるのか?」
「個人的にそういうことは好みません。が、貴女の命令は全てに優先しますので」
「そのように不服そうな顔をされて言われてもな。ワシはそんな無茶な命令はせんよ。ただ、あらゆる事を想定しておいた方がいいと思っただけじゃ。たとえばミランダとアルフィリースが戦う、とかの」
「それはそうかもしれませんが」

 口では従いつつも、かなり不満そうな顔を前面に押し出すアルベルトを見て、ミリアザールはニヤニヤする。どうやらアルベルトもアルフィリースを気に入っているらしい。

「それより、お主達がうかれて騒ぐ前に行っておきたいところがある。付いてこい」
「御意」

 ミリアザールはアル

blackest-watcheditorjp.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用