loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



あなたは「最後の女」になれる
相対的に下がってしまう。それゆえ錬金術で自由に金を作りだせたとしても、無意味なのです」
「な、なんだと?」
シーバイクロエ バッグ 新作
 王子は心底意外そうな顔をした。そんなことは考えたこともなかったのだろう。フェンナはさらに言葉で追い打ちをかける。

「そんなことにも気がつかないとはしかも人に言われるままに兵を繰り出して争いをするなど、このような愚か者、馬鹿者のために私の家族は友人は」

 フェンナがうつむいて唇をかみしめている。が、

「ワシがバカだと!? ふざけるな! ワシはバカなどではない!」

 王子が突然激昂した。フェンナが流れる涙も隠さず吠え返す。

「貴方が馬鹿でなくてなんなのだ!? 私欲のために兵を出し、他の者を死に追いやるなど為政者のすることではない!」
「私欲ではない! ワシは我が国の民のため、よかれと思ってやったのだ!」
「そのためなら私の仲間は死んでも良いのか!?」

 フェンナが一層声を張り上げる。引き絞った弓を今にも放たんばかりの勢いだ。その瞬間王子の命は終わるのだが、そんなことを彼は忘れているかのように話し続ける。

「ダークエルフなど汚らわしい一族だ! ちゃんとそう本に書いてあったぞ? 貴様たちは魔王に手を貸して追放された一族なのだろう? つまりワシは正義だ、正義のワシが宮廷で認めてもらうために死ねるのだ。光栄に思いこそすれ、恨まれるいわれなどない!」
「な」ショルダーバッグ クロエ

 フェンナが絶句する。誤解もあるとはいえ、とんだ暴論である。いい加減ニアやミランダだけでなく、ブラックホークの面々や、果ては王子を護る兵士にまで嫌悪感を示している者がいる。もはやフェンナは怒りが限界を通り越して、言葉も出ない。それを自分が言い負かしていると勘違いしたのか、さらに王子が言葉を紡ぐ。

「ワシは宮廷で認められなければならないのだ。ちょっと兄君達が優秀なだけで皆、皆ワシをバカにした! ちょっと背が低くて太っているくらいなんなのだ。馬に乗れないくらいなんなのだ。勉学ができなかったからなんなのだ。王族はなんでも人より優れていなければならないのか? それをあいつらは愚図だ、ちびデブだ、ノロマだ、ハゲだと陰口を叩きおって。それを八つ当たりするために庭園の枝を折ったり、ちょっと近侍に当たりちらせば、やれ暴君だのなんだのとそれでもワシは皆に認めて欲しかったんだよ! そのために役にも立たない、汚らわしいダークエルフを殺して何が悪い!? おとぎ話ではつねに正義が悪を滅ぼして終わりだろう! 貴様らダークエルフなどは、ワシという正義のために死ねばよいのだ」

 怒り狂った顔で王子が激白する。多少同情すべき点もあるかもしれないが、それがいかに独善的であるかには全く思考が及んでいないようだ。むしろそうだったからこそ、宮廷で嫌われたであろうことに全く気が付いていないのではないか。たとえ人として特別優れておらずとも、その仁徳や人柄で名君の名を残した王や諸侯は沢山いる。彼の本当の不幸は、為政者として何が必要なのかを説く人物が周りにいなかったことであろう。
 だが、フェンナの怒りはそれでは治まらない。静かに森の中で暮らしていた自分の一族を、たったそれだけの、一人の見栄という理由でほとんど皆殺しにされたのだ。しかもおとぎ話と同レベルで自分の仲間達の命を語られた。既に怒りが限界を通り越し、弓矢を持つ手がガタガタと震えている。顔は怒りで完全に上気し眼は見開かれ、さしもの美しい顔も台無しに近く、まさに鬼のような形相だ。

「姐さん。金にはならんスけど、あいつ殺していいですか? なんか本気で腹立ってきたんですが

http://www.time114a.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用