loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



テニス ナルバンディアンが引退

死を呼ぶ名前、その15~救援と別離と~

「かかったわね」edifice casio セイコー 時計 人気
「?」

 ライフレスがアルフィリースの言葉の意味を謀りかねた瞬間、ミランダを捕まえていた腕が切り飛ばされる。そしてライフレスが反射的にその方向を振り向くと、ミランダを抱きかかえるように、女が一人いた。
 と、同時に女が何かをライフレスに投げつけ、一面が眩しい光に包まれた。

「なんだこれは!?」
「これは光爆弾?」

 ライフレスと同時に、アルフィリース達も視界を潰される。だが、ライフレスがいち早く視界を取り戻した時に、アルフィリース達はニアの所まで既に後退していた。そのアルフィリース達を守るように立ちはだかる、三人のくの一達。
 さしものライフレスも驚きの色を隠せず、思わずお決まりの言葉をくの一達に投げかける。

「何者だ、お前達」

 だがくの一達がライフレスの言葉を気にかけることはなく、それぞれが顔を見合せる。

「では、打ち合わせ通りに」
「ミランダ様、アルフィリース殿、脱出します。どうかこちらへ。楓、後は任せます」
「承知」

 ライフレスを無視して動き始めるくの一達。その展開にライフレスも再び呆気にとられるが、だがその展開に付いていけないのはミランダも同じこと。くの一達を見て、ぽかんとした表情を浮かべている。

「あんた達、誰?」
「ミランダ、説明は逃げながらよ。エアリー、フェンナ、走れる?」

 アルフィリースの声に、よろよろとだがエアリアルとフェンナが立ちあがる。エアリアルは聞き手を負傷し、残る手も痛めているがそんなことを言っている場合ではない。フェンナも、ライフレスに殴られた腹を押さえながら立ちあがる。そして、どうやら現在の状況を一番正確に分かっているのはアルフィリースだった。

「なんとか、大丈夫だ」
「私もいけます」casio oceanus セイコー クレドール
「よし。私は最悪魔術を使うから、両手は空けておきたいわ。エアリーは馬を回収して連れてきて。ミランダ、ニアをよろしく」
「あ、ああ」
「他のメンバーは走れるわね? では先導をお願いできるかしら」

 アルフィリースがてきぱきと指示を飛ばしくの一に言葉をかけると、無言で頷き先導を始めるくの一2人。アルフィリース達の後方では、残ったくの一と、ライフレスが対峙していた。

「おい、まさか俺を一人で足止めする気じゃないだろうな?」
「いけませんか?」

 くの一が答える。その背はまだそれほど高くなく、体つきを見ても幼さを残す体型をしている。表情こそ覆面でわからないが、おそらくは少女なのだろう。そのくの一が、さらに言葉をつなぐ。

「むしろあなた程度なら、私一人でも倒してしまえると考えているのですが」
「面白いことを言う小娘だな。よかろう、貴様の相手をしてやろう。ただし!」

 ライフレスが語調を強める。

「貴様がつまらぬ輩であれば、これ以上ないくらいに嬲ってから殺す」
「心配せずとも御期待には添えるかと。では参ります」

 少女のくの一が左手で目を覆う。なんのつもりかと一瞬訝しんだライフレスだったが、少女の目を再び見た時、茶色だったはずのその目は紅蓮に燃えていた。

「魔眼か!」
「燃えろ!」

 ライフレスが魔眼を認識するのと同時に、その体があっという間に全身炎に包まれる。ライフレスが無詠唱の氷の短呪を自分に向けて放つが、炎の勢いをわずかながらに抑えることもできなかった。

「(普通の炎ではない?)」blackest-watcheditorjp.com

 ライフレスが気づいた時は既に遅く、炎がまるで枷のようにライフレスの四肢にまとわりつき、その身を捕縛する。そして炎の鎖で繋がれた状

留言

发表留言












只对管理员显示


引用