loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



ブルワーズ 青木と契約延長意向

竜騎士三人、その4~金の竜騎士~
ニクソン メンズ 時計
「レクサス、お前いやに親切だな?」
「あれ、ばれました?」
「一応、3年近い付き合いだからな。何か企んでいるのか?」
「いえ、何も。今回だけは何も企んでないですね。純粋な好意ってやつで」

 レクサスがにかっと笑う。

「あのお嬢ちゃん、短期間でいい顔するようになってたんで、嬉しくてつい、ね。あのくらいの傭兵は沢山いるだろうが、成長速度がすごい。もしかしたら、アルフィリースはすごい傭兵になるのかなと思ったりして」
「ほうお前もそう思うか」
「て、ことは姐さんも」

 だがルイは答えず、ニヤリとしただけだった。

「となると、敵にしろ味方にしろ、大物の方がいいですよ。味方なら頼もしいし、敵なら戦い甲斐がある」
「そうだな。不本意だが、その点だけはお前と同意見だよ。私もいつか彼女と全力で剣を交えてみたい」
「それはどっちかが死ぬでしょうねぇ。美人にゃ生きてて欲しいんだけどな」
「また軽口を」
「本音ですよ。美人が死ぬのは世界の損失」

 レクサスが自分のグラスに酒を注いでいる。そしてアルフィリースがちょうど帰ってきたおり、眠っていたと思われたリサががたんと席を立った。同時にアマリナも耳を澄ましている。

「これは竜の鳴き声?」
「それだけではないな。風切り音も微かに聞こえる」
「マジですか? 俺にはまだいや、何かしら殺気めいたものは感じるな」

 レクサスも気配には敏感である。特に地上のことならリサ並に敏感なのだが、空中となるとアマリナの方にやや分がある。

「竜騎士が乗る飛竜だろうね、しかも数が多い。30騎前後かな?」

 突然グウェンドルフが発言したので、全員驚いた。アルフィリース達には想像できたが、ルイ達にはなぜ目の前の優男の様なグウェンドルフがそのような事がわかるのか理解できず、訝しんでいる。

「なるほど、グウェンの言う通りですね」
「こんなところに竜騎士?」
「ローマンズランドだろう」nixon 店舗

 アマリナがさも当然と言わんばかりに答える。

「だってここはブリュガル領でしょ?」
「ローマンズランドには関係ないよ、横暴な国だからな。属国相手に敬意などいちいち払わんさ。なにせローマンズランドの下級外交官が、属国の政治に口出しして私服を肥やすくらいだからな」
「そうなの」
「だが問題はそこじゃない。なぜこんなところに、しかも夜中に、ということだ」

 ミランダが現実的に指摘をする。その言葉にまたしてもアマリナが口を開いた。

「そういえば私は偵察のために竜を飛ばしたんだが、この先のブリュガル領の出口に検問があったな」
「検問?」
「先ほどお前達が説明したろう? フェブランで一悶着やらかしたのなら、確かに検問が張られてもおかしくない」
「に、しても早過ぎない?」

 ミランダの計算ではもう少し後の予定だったのだ。だからこの町に2日も滞在したというのに。上層部に報告が行ってから検問が張られるまでが早過ぎる。

「定期的に視察に来ている連中にでも報告が行ったんだろう。運が悪いな」
「ど、どうしようやっぱり人相でばれちゃうよね?」
「というより、ほぼ女だけでこの人数で旅してれば嫌でも目立つもんねぇ」

 ミランダの言葉は尤もな事である。実際街道を移動していても通行人にかなりアルフィリース達は注目されていた。女ばかりで旅をする一行も珍しいし、何より美人揃い。馬も大きいし、グウェンドルフも見た目はかなり美しい男だ。これで注目を集めない方が珍しいだろう。
 そして問題は追跡者がローマンズランドということであ

http://www.w13d.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用