loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



北朝鮮で15年過ごした独裁者の娘
けど。呪印を沢山使ったせいかなぁ?」
「呪印が馴染んでいるのかもしれませんね」

 ラーナがアルフィリースの疑問に答える。傘 専門店

「馴染む?」
「ええ。押さえつけると反発するなら、体が呪印に適応して取り込もうとしているのかもしれません。推測ですが」
「ふぅん。まあ副作用が少なくなるなら言うことなしよ」

 アルフィリースはお気楽に笑ったが、言うほど簡単な事ではないだろう。アルフィリース達が一息ついて談笑する場面に、明らかに不機嫌そうなロゼッタが歩いてくる。

「」
「あらロゼッタ。そっちの被害は?」
「20人程度がやられただけだ。あの戦力差を考えれば奇跡だな」
「やっぱり腕ききだわあなた達。そのくらいで済むのなら」

 アルフィリースが事もなげに言ったので、ロゼッタはアルフィリースの胸倉をつかみ上げる。

「ふざけるな! こんなことに巻き込みやがって!」
「あら、あなたは『村人の命なんか知るか』って答えたのよ? 人の命を大切に出来ない人間は、自分の命も大切にされない。長らく生きていて、そんな基本的な事も知らないの?」
「知ったような口を!」
「聞くわよ。だって私はこの考えで生きているのだから。ロゼッタ、あなたとは相入れないかもしれないけどね」

 その言葉で睨み合う二人は、ロゼッタがやがてアルフィリースを掴む手を離したことで治まった。

「胸糞悪い女だよ、お前。聖人君子ぶりながら他人を平気で利用する。ただの悪党よりも、何倍も性質(タチ)が悪い。二度と顔も見たくないね!」
「そう? 残念ながらずっと見ることになるかも」
「どう言うことだ?」

 ロゼッタが苛立ちも露わにアルフィリースを睨みつける。

「ロゼッタ、あなた私の仲間になりなさい」
「はあ!?」

 ロゼッタだけでなく、ミランダや他のメンバーまでが驚きの声を上げる。折りたたみ傘

「どういうことだ?」
「私はこれから自分の傭兵団を作るのだけど、貴女の力と経験が欲しいの。こんな戦場で放っておくには、あなたの力は惜しいわ」
「ふざけるな! さっきの話を聞いてなかったのか?
「聞いてたわよ。でも関係ないわ。私は貴女が欲しいの」
「勝手に言ってろ! アタイは誰にも従わない。アタイは一人でやってきたんだ。今までも、これからも!」

 ロゼッタが激昂するのを、アルフィリースが悲しい顔で見つめていた。

「そうして、いつか一人で名も無い戦場で野垂れ死にするのに?」
「そうだ! 傭兵はそんなものだろう?」
「私は違うと思う」

 アルフィリースは首を横に振る。

「私達は傭兵で、剣を取って戦うことを選んだし、あるいは選ばざるを得なかったけどそれとこれと一人でいるかどうかは全く別の問題だよ?」
「やはりお前とはそりが合わないね。考え方が甘すぎる」
「それでも。私は自分の信念を曲げない。そんな生半可な覚悟では剣を握ってはいない」
「そこまで言うならアタイを力づくで従わせてみるんだね」

 ロゼッタが剣をアルフィリースに向ける。

「所詮アタイ達は傭兵。言葉よりも、剣(こっち)で語るのが似合ってる」
「やっぱりこうなるのね」
「そうさ。アタイはいつもこうしてきた。そうやってここまで生きてきたんだ。アタイに剣で勝ったら何でも言うこと聞いてやるよ。仲間にするもよし、煮るなり焼くなり好きにしな」
「わかったわ。勝ったらいいのね?」

 だが、逆にアルフィリースは剣を収めてすたすたと歩き始める。その動作に呆気にとられる一同。

「何をしてる!?」
「え? 戦う準備だけど?」

 アルフィリースはその辺に落ちた剣をロゼッタの周辺に無造作に

http://www.beardjp.com/

留言

发表留言












只对管理员显示


引用