loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



カンボジア邦人銃撃で男2人逮捕
にはジェシアの荒い息遣いと、なぜかすっきりした顔のロゼッタとラーナ。そして顔を赤らめているその他の面々がそこにはいた。後にギルド長は語る。「久しぶりにイイモノ見たぜ」と。
 そして床に這いつくばって息を切らせるジェシアに、リサが話しかける。バッグ レディース

「さて、私達にこれでも金を返す気がないなら、今度は最後までロゼッタとラーナを解き放ちますが?」
「わ、わかったわよう。まったく、なんて恐ろしい傭兵団なんだろう」

 ぶつぶつと呟きながら金銭を取り出すジェシアに、それを受け取るリサ。

「はい、これで全部」
「本当に? なぜわかりますか?」
「私は一度やり取りした金銭の額は決して忘れないの。それに一度払うと言ったら、この身に変えても払うわ。商人にも、プライドはあるのよ」

 ジェシアがきっとリサを睨み返したが、リサにはそのような目つきは分かるはずもなく。ただ声の調子と、引き締まった表情は感知できるので、ジェシアが本気であることぐらいは分かっていた。だがここでアルフィリースがさらに意地の悪い提案をした。

「リサ、それじゃ全然足りないわ」
「は? いや、だって」
「世の中には利子というものが存在するの。商人なら知っているでしょう?」

 アルフィリースの言葉にジェシアが「しまった」という顔をした。先ほど商人のプライドうんぬんの話をした後では、いまさらなかったことにはできない話である。
 そして、アルフィリースはうまうまとジェシアから相応の対価を支払わせることに成功した。彼女達が組織するギルド、フェニクスから物資、人材援助を受けることに成功したのである。リサとロゼッタの助言できちんと証書を作り、それらに条件を提示していくアルフィリース。それは彼女が傭兵団を本格的に組織して動かす時にこそ、効力を発揮するものだった。
 そしてジェシアが悲しそうにしくしくと泣きながらギルドを一旦後にしたが、彼女はギルドを出たのち、その表情をころりと変える。そして悠然とした表情でそのままギルドから離れ指笛を吹くと、彼女の元には一羽の伝書鳥が舞い降りた。その足に手紙をくくりつけるジェシア。財布 ブランド

「これでよし、と。さて、ちょっと予想とは違うけど上手く取り入ったわね。でもここからどうするべきかしら? まずはアルフィリースとかいうあの子の出方をうかがいましょうか? せいぜい私を楽しませてよね」

 そこにはこれからの事を想像して、企み深そうに笑うジェシアがいたのだった。


***

「それで、アルフィはマスターの申し出を受けるの?」
「ええ、そのつもりよ。傭兵団の本拠はここアルネリアに置こうと思う。もっとも、活動拠点となるかどうかは別にしてね」
「なるほど。それはいい発想だわ」

 ミランダがお茶を入れながら笑う。ここは深緑宮殿内、ミランダの私室である。ミランダが留守中に山と積まれた書類をかたずけながら、アルフィリースとおしゃべりをしている。
アルフィリースはギルドを離れた後、深緑宮へと足を向け、正式にミリアザールの申し出を受けることにしていた。そのことをミリアザールに伝えた時、妙に彼女が楽しそうだったのがアルフィリースには印象的だった。

「で、これからどうするのさ?」
「どうやら突貫工事を行っても、建物の完成は冬前になるかもしれないんですって。それなら、私はそれまでアルネリアにとどまるより、少し行きたいところがあるの」
「えーっと、東のベグラードかな?」
「ご名答」3

http://www.dx376.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用