loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



幻の技を出した白鵬の余裕
前のことなのだが、そこもかしこも華やかに着飾り、また身分の高いことを示すかのような飾り付けの馬車に乗っていれば、嫌でも威圧感威容は醸し出されようというものだった。
 そんな中、場違いな事に徒歩でハウゼンの屋敷に出向いたアルフィリース達は既に気後れしていた。彼女達を見る視線が冷たく感じられる。

「アルフィ、我は嫌な種類の視線を感じるぞ?」nixon 偽物
「私もよ、エアリー。完全に場違いよね、私達って」
「まったくよ。こんなところには普通、伯爵以上の身分しか来ることができないわ。それも会見の申請をして、何カ月も待って、それでわずかな時間だけ謁見を許される。だからこそ東では限られた時間で自己主張をする弁舌家なるものが活躍し、また職業としても成り立つのだけれど。会うまで何カ月もかかるとは思わなかったの?」
「うう、面目ない」

 アルフィリースがしゅんとしたのでターシャも多少言いすぎたかと思ったが、事実を正確に述べただけでもあるので、謝りようもなかった。
 後ろからついてくるラキアといえば、アルフィリース達のやりとりを無表情に見るだけで、特に何の意見をするわけでもない。それは真竜が多種の生業に口出しをするものではないという掟が存在するからでもあるが、それ以上にラキアはマイアの言い付けを守っているのだった。

「アルフィリースの行動を傍で身守りなさい。きっとあなたを退屈させないから」

マイアが優しく微笑みながら言う時は、かなりの確信があるのだといつもラキアは思っている。こういう時の姉の言葉は、ラキアとしても真剣に受け止めることにしている。まだマイアの言葉の意味をラキアはわかっているわけではないが、とりあえずは素直に聞いてみようと思うのだ。
そうでなくとも真竜と聞いて、対等に話をしようとする人物は種族を問わず珍しい。特に真竜の背に乗るなど、真竜を崇拝する者達なら一生額を地にこすりつけて感謝しそうなものだが、アルフィリースは昨日の寝際に「乗り心地がイマイチ」などとのたまった。おかげでちょっとした口喧嘩になったわけだが、ラキアが真竜の仲間以外に口喧嘩をしたのはこれが初めてである。

「まあ面白くはありそうね」ニクソン ゴールド 時計

 ラキアがぽつりと呟く間にも、アルフィリースはハウゼンの屋敷の正門前をうろうろしており、完全に不審者と化していた。来訪者の要件を聞き、整列させる者達もそれなりの身分の証を立てない者へ接するかどうか迷ったが、その内のまとめ役であろう上品な男性が一歩、アルフィリースの方へ進み出る。

「もし、来訪者の方。何か我が主人の屋敷に用でございましょうか?」
「あ、え~っと用って言うか、私はここの屋敷の主人に会うように言われたのよね」
「会うように言われた。それはどちら様に」

 来訪者に失礼のないように、執事の正装に身を包んだ上品な男性は聞き違えのないよう、アルフィリースの言葉を反復しながら確認するように話していく。とても優しい物腰であり、アルフィリースも多少緊張がほぐれるのだった。

「私の師匠に言われたのよ」
「なるほど。失礼ですが、その方のお名前を伺っても?」
「アルドリュースと言うわ」
「アルドリュース!」

 その名前に、男性の目が見開かれる。その表情は意外そうな、しかし徐々に嬉しそうな表情へと変化した。

「失礼ですが、アルドリュース=セルク=レゼルワーク殿で間違いないでしょうか?」
「ええ、確かそんなフルネームだったわね。私も時々忘れそうになるのだけれど」
「これはこれは」

 男性は楽しそうに笑った後、部下であろう男達に手で合図をする。すると、順番を先頭で待っ

http://www.td9x.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用