loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



ハーフミラーのタッチキーボード
ァティが全て弾き飛ばす。同時にその腕を切り落とすと、さらに繰り出される連撃で魔王の体は再び八つ裂きにされた。

「今だ!」財布 ブランド 人気
「うおおお!」

 ラファティの掛け声とジェイクの突撃は同時。これがラファティにできる最大限の助力であり、彼にはついぞ魔王を倒すことは適わなかった。一見倒したように見える魔王も、確かにラファティには手ごたえがあまり感じられなかった。敵を倒した時、相手の命を奪った時に感じられる剣の重みがないのだ。
 ラファティは確信する。この戦いの幕を引くのはジェイクなのだと。なぜかはわからずとも、人並み外れた戦う者としてのラファティの感性がそう告げる。そしてそれは魔王も同じなのか、動かないと思われた八つ裂きにされた魔王の体の各部位が動いたのだ。

「キャキキキ!」

 もはや頭を裂かれろくに笑い声も上げられない魔王だが、それでも笑うことが義務だとばかりに魔王は笑おうとした。そして足にあった膝からは血のような吐瀉物が、鞭はまだ二つが動き、頭からは針のような物体が吐かれた。
 それらすべてをジェイクは予め知っていたかのように躱し、斬り飛ばされた脚の一本に斬り込んだ。ま一太刀、そして二つ、三つとその足を輪切りにするように追い詰め、五つ目の太刀を食らわせた所で膝に残った口が突然喋ったのだ。

「なぜここが本体だとわかった?」
「教える義理はないね」

 その直後、ジェイクは話した口の丁度真下の部位を十字に切り裂いた。するとジェイクに向けてさらに放たれようとした鞭がぴたりと止まり、一瞬で風化していった。体の残りも同様である。
 目の前の出来事が信じられないと言ったように、当たりは一斉に静まり返った。そしてジェイクが剣をラファティに返すと互いに頷き合い、ラファティが叫ぶ。
フレッドペリー テニスウェア
「勝鬨を上げろ! 敵の大将は討ち取ったぞ!!」

 直後、騎士達が剣を天上に掲げ叫んだ。実質召喚された魔物達はまだ残っていたのだが、その勝鬨を聞いて戦意を喪失しかけていた。やがてラスティの命令が残敵の掃討へと変わると、敵は武器を捨てて逃走を始めたのだ。
 追撃戦、掃討戦は武功を上げる最大の機会である。生き残ったクルムス―アルネリア両軍は先を競うように敵の追撃を始めた。その興奮の中、ジェイクは毅然とした態度で戦いを見守っていたレイファンの元にそっと寄る。

「怪我はありませんか、小王女」
「ジェイク殿のおかげで無事に。見事な戦いぶりでした」
「光栄にございます、小王女」

 恭しく礼をするジェイクに、レイファンはその面を上げさせた。

「このような場所ではありますが、何かの褒賞を持って貴殿の働きに報いたいかと。どのような物を所望されますか?」
「いえ、私はそのような物は何も。与えられた任務をこなしただけです。しかるべき評価は、やがて我が教会から下されるかと」
「ですが、それでは私の方が納得できません。今でなければ、将来的にでも何らかの形でこの恩に報いたいと思います。そうでなければ、私の方が中原の恩知らずと誹(そし)りを受けるでしょう。どうかここは諦めて、私に恩を返させてください」

 思ったより強引なレイファンにジェイクは困り顔をしたが、レイファンはそんなジェイクの表情を楽しむかのように笑顔で立っている。
 ジェイクは困り果ててラファティに助けを求めるが、ラファティはその状況を楽しむようににやにやとしており、そしてやがて報告に追われてその場を去ってしまった。
 ジェイクはしょうがないとため息をつくと、改めてレイファンに向き直る。

「では小王女、一つだけ私の頼みを聞いてくださいませ」


http://www.cnqxw136.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用