loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



たばこ、来年4月以降値上げ検討
知りたくもない私はブスッとしたまま報復攻撃を考えた。やられたままではいない。そして頭をぐるぐると巡らせた結果、天啓をひらめいたのだ。嫌でも課長を巻き込む方法を。
 ニヤリとして彼を見やると、少々ひきつった笑顔が返ってきた。
「……ひとつ条件があるんですけど」

samantha thavasa マテラッセ 財布

 数日後、人事部、派遣会社そして私との間で契約書が交わされ正式に社員になった。この会社に派遣されたときからの目標に到達できたことはやはり嬉しい。社長という問題は残っているがちゃんと手は打ってある。自分で自分を褒めてやりたい。
 その足で松永部長に報告に行くと、そこには顔の緩んだ工藤課長となぜか苦虫を噛み潰した顔の杉本係長がいた。
 なんとなく嫌な予感がして部長と課長に視線を走らすと、ニヤけた顔の二人が交互に口を開いた。
「社長命令が出てたんだよ、部長と俺に。絶対お前を正社員にしろって。できなかったら減棒だぜ? もうすぐ子供が生まれるってのにそりゃねえだろ? あー良かった、お前がオッケーしてくれて」
「食いもんに釣られてくれなくて初めはどうしようかと思ったぞ。お前さんもあれだな、社長がちょっかい出すようになって学習したんだなあ」
「あ、お前が出した条件、『社長がちょっかい出してきたら体よく追っ払う』役は係長に任せるから。部下が働きやすい環境を作るという仕事はそろそろ係長にやってもらおうと思っていたところなんだよ」
「社員になったんだからこれからやっかまれるぞ。背中に気をつけた方がいいかもしれんぞ? いやー、お前さんも大変な人に見込まれたなあ」
 がっちりと握手を交わしたふたりをぼんやりと見つめた。

…………やられた。
 
 私が心の中で課長の首を絞めたことは言うまでもない。 
第四話 異動の季節

「おはようございまーす」
 エントランスホールに立つ警備員のおじさんに挨拶すると、目深にかぶった帽子の下から少し眠そうな目がこちらを見た。
「おはようさん。いつも早いねえ」
 派遣社員としてこの会社で働くようになってから、そして正社員となった今でも、職場では一番乗りの私である。誰もいないオフィスに足を踏み入れる瞬間、競争しているわけでもないのに「勝った!」と思ってしまうのだ。
「あ、美春ちゃん」
 エレベーターホールとは反対側へ向かう私をおじさんが呼び止め、ニヤリと笑う。
ブランド 財布
「走るんでねえぞ?」
「分かってますよお、もう」
 自分のやったこととはいえ、いったいいつまでいじられるのかと思うと恥ずかしくなるのだが、気を取り直してそのままホールを抜け、非常階段へ向かう扉に手を掛けた。

 エレベーターを使わずに階段を上ってオフィスまで行くことは、すでに日課となってしまった。仕事柄パソコンの前に座っている時間が長いので、適度な運動は必要不可欠なのだ。
 週末の朝にはジョギングやダッシュなど走り込みをして、負荷を求める身体の欲求に応えてやっているし、この会社で働くようになってからは代々木公園にある陸上競技場、通称織田フィールドにも時折行ってはトラックの感触を忘れないようにしている。一般開放日には無料でトラックが使えるとあっては、走らない手はない。
 つくづく私は走ることが好きなんだなあ、と思う。
 

 恵比寿駅から徒歩七分の距離にあるH&Gコミュニケーションズは、十階建てのビルの八階から十階の三フロアを占めており、我がWEB事業部は最上階にある。
 エレベーターの脇にある階段は、日中はシャッターが空けられるため見た目を意識した作りになっており、社内のフロア間の行き来にはこちらが使われることが多い。
 一方、私が利用する非常階段は防火壁及び防火扉によって遮られた、無機質で簡素な階段室となっており、ここを十階まで上ってフロアに入り、IDカードを使って裏口から社内に入ることにしている。
 私の他に非常階段を使う人なんていないから、つい鼻歌が出てしまっても全然問題ない。それどころか、実はこっそりカラオケの練習までしている
http://www.230bc.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用