loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



元恋人に「復縁婚」を迫ってもOKか
父のおかげ、たとえどんなに地味で変化のない仕事であろうが社会の役に立っているのだ、だから父を誇りに思え──と、小学生の私に何度も説いた。
 兄は幼い頃から頭脳明晰成績優秀で、高校に進学してからは勉強ばかりしていた。私は毎晩夜食におにぎりを持っていき、「頑張れ、あんちゃん」と馬鹿の一つ覚えみたいに言っていた。
 やがて東京の国立大学に合格した兄は故郷を後にした。
財布 レディース 人気

 父が亡くなったのは私が中学二年の秋だった。折からの長雨で地盤が緩んでいたところに大型台風が直撃し、各地で土石流の被害が出た。長年の顧客である独居老人を心配し様子を見に行った父は、崖下にあるその家で土砂崩れに遭い、帰らぬ人となった。
 新たに人を雇って新聞販売所を続けた母は、病で逝った。私が高校三年の秋のことだった。ショックのあまり進路も何も考えられなかった私は、兄の勧めに従って上京し、専門学校に入学した。


 午前十時。兄が指定した起床時間である。
 のろのろと兄の自室に向かうのは心理的抵抗が足を重くさせているからだ。しかしこれをやらないと、後が怖い。
 意を決して部屋のドアを開け、ベッドに近づき、兄の身体をそっと揺する。
「……お兄ちゃん、起きて。もう朝ご飯できてるよ。ほら、お兄ちゃんてば」
 気色悪くならないように、努めて平坦に言ったつもりだったのに。背筋が寒い。
 兄はこちらに背中を向け、布団をかぶったままで返事をした。
「何だよ、その棒読み。もっと心情込めて言えよ。はい、やり直し」
 とっくに目が覚めていたんじゃないかと思えるほど明晰なお言葉だ。クソッと思ったが、面倒くさくなる前に片付けてしまいたい。
「お兄ちゃん、起きて。ご飯が冷めちゃう。今日は買い物に連れていってくれるって言ったじゃない! ほらぁ、早く起きてってばあ」
 顔を引きつらせながら糖分過多な声を出す。すると、わざとらしく伸びをした兄は、
「日曜ぐらい寝かせろよぉ、もう、仕方ないなー、美春は」
 やれやれといった表情で、むっくりと起きだした。

――ウザい。変態。
 心の底から思った。
財布 miumiu


 母のお腹に宿った第二子が女の子だと分かった瞬間から、両親は兄に思想教育を施した。
『おとなしくて可憐な妹を守る、強くて優しい兄」『わがままな妹に甘い兄』『いつもあとにくっつくお兄ちゃん子の妹の面倒をついつい見てしまう兄』などという、古くから漫画や小説で使い回されてきた設定が大好きなベタな両親が、我々兄妹にもそのパターンを当てはめようとしたのだ。
 何かにつけ、妹を守れだの、優しくしろだの、兄とはこういうものだのと、私がまだ生まれてもいないときから洗脳された結果、面倒見が良いと言えば聞こえはいいが、やたらと心配性で過干渉な兄が出来上がる。
 未だ幼児であった兄が慣れない手つきで私のおしめを替え、離乳食をスプーンで私の口に運び、よちよち歩きの私の手を引く。
 それだけではない。私が聞き分けのないことを言えば優しく諭し、いたずらをすれば一緒に謝り、危険なことをすれば厳しく叱った。思えば何という分別くさい子供であったことだろう。

 成長するにつれて両親からは『理想の兄』、周囲の大人たちからは『よくできたお兄ちゃん』との評価を受けるようになった我が兄であったが、妹の私はというと、これがちっとも理想的ではなかった。
 つまり『おとなしくて可憐』でも『お兄ちゃん子』でも特別『わがまま』でもなかったのだ。
 お転婆で元気いっぱい、近所の子供たちと徒党を組み、売られたケンカは必ず買い、負けても泣き言は一切言わず、その上逃げ足も速かった。
 両親と兄は軌道修正に励んだものの、生まれ持った性格ゆえか、私は家族にとっていつまでたっても理想とはほど遠い存在だった。
 しかし陸上部に入って活躍し始めると、『自慢の娘』『自慢の妹』としての地位を獲得し、『理想の妹』という幻想は忘れ去られたと思っていたのだが。

 
 シャワーを浴びた兄が朝食の席に着く。Tシャ
http://www.xfnxss.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用