loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



iPhone5c純正ケースの意外な使い方
発する。これじゃいけないと仕事には集中しても、彼の顔が視界に入るたびに意識が持っていかれる。でも目が合ってもどうしていいのかわからずに視線を外し、よそよそしい態度をとってしまう。
 寝返りを打ち、自室の天井を見上げた。そこにも彼の顔が浮かぶ。
nixon 偽物
 
 係長を応援したいと思ってきた。一番を目指す彼の手伝いをできたらいいなと思ってきた。私を支えてくれた陸上部の先生や部員の仲間たちのように。もう一度あの熱を感じることができたら、どんなに楽しいだろうと。
 でも彼が私に求めているものは、そうではなくて。
――男と女。
 そういう形で相手から望まれる現実に不安と戸惑いを覚える。それはまるで、観客席で見ていただけだったのが急に舞台の上に引っ張り上げられたみたいで、自分が今や傍観者ではないことが恐れにも似た感情を抱かせた。
 水野くんの思い出をときどき引っ張り出して満足していた恋とは全く違う、もっと実体があって、生々しくて、ふたりの距離を心と身体の両方で測るような。
 呼吸が聞こえるほど、匂いを嗅げるほど、体温に触れるほど近づいて、甘くて痺れるような感覚を互いに分け合うような。
 そんな関係を彼と築くのだろうかと想像しただけで、胸の鼓動が速まり身体の奥が疼く。それを直視したくない。でもその先を知りたい。
 自分の中で何かが目覚めた気配にかすかな慄きを覚える。  
 私、どうしちゃったのかな。彼が好きなのかな。好きになって後悔はしないのかな。
 こんな自信のなさでは答えなど見つかるはずはなかった。
 

「美春、それ砂糖!」
 兄の叫び声で我に返った。どこかを泳いでいた意識が目の前の鍋に戻る。スパゲッティを茹でようと沸かした湯にもう少しで砂糖を入れるところだった。
「お前は最近ボーッとしておかしい。頼りになるお兄ちゃんが可愛い妹の悩みごとを聞いてあげよう」
 私が塩とスパゲッティを湯に入れるのを見届けた後で、ここが理想の兄の出番とばかりに人生相談を買って出る。が、変態兄に本当のことは言えないので、適当な相談事はないかと考えながら口を開いた。
「んーと、実は……」
「瀬尾はやめとけ」
 いきなり核心を突くな!
「あ、あ、あ、あんちゃん……なして?」
 私の狼狽ぶりを満足そうに眺めて兄は言った。
「俺が気づいてないとでも思ってたのか。何年俺の妹をやってるんだ、お前は。『バレンタインデー限定スイーツ巡り』なんて嘘つきやがって」
 バレてたのか。まさか私の身体からスイーツの匂いがしなかったからではあるまいが。
「で、告白でもされたのか」
「違う……」
ニクソン ゴールド 時計
「でもあいつの気持ちに気づいた、と」
「……なしてあんちゃんが知ってんだ?」
 ため息をつき、苦いコーヒーを飲んだみたいな顔をする兄。
「あんな目で見られたら嫌でも気づくよ」
「あんな目?」
「俺を羨んでる目。お前を独り占めしてる俺が羨ましくて羨ましくて仕方がない」

 それはいくら何でも大げさだろうと思ったが、係長がいつも兄のことを気にしていたのは事実だった。
『お兄さんは今日何してるの?』
 その問いの裏側にどんな想いを秘めていたのだろう。
「お前はどう思ってるの、あいつのこと」
 率直に訊かれて言葉を濁した。答えはまだ見つかっていなかった。
 すると兄は得心したようにうなずく。
「お前が不安になるのも無理はないよ。女遍歴重ねてきた男だもんな。自分も結局その一人になるかもしれないと思えばためらって当然だよ」
「係長は、もうそういうんじゃないって言ったんだ。誓って一人だけだって」
 そこは彼のために反論したかった。兄にそんな評価を下されたくはなかった。
 彼が真剣な顔で訴えた日のことは忘れない。私も彼の言うことを信じると伝えた日。
「じゃあ何が怖いんだ? お前が先に進めない理由って何? あいつのこと信じてないからじゃないの?」

 兄の情け容赦ない言葉に私は唇を噛み締めた。
 信じる信じると口では言っておきながら、結局私は彼のこ
http://www.td9x.com

留言

发表留言












只对管理员显示


引用