loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



とても可愛らしくみせている
とても可愛らしくみせている。
 派手な印象をもつエリサとは対照的に、コレットの印象は可憐な花を思わせる美しさがあった。
 まわりの視線に疎いのは、幼いころから婚約者一筋だったのだから仕方のないことか。
「仕方ありませんわね。今日はたっぷりとコレットに付き合ってあげますわ」
「くすくす。今日はいいんですか?お目当てのお方は」prada sale
「あの方は今日いらっしゃらないのよ。だからって、静かに待ってるなんてわたくしの|性(しょう)に合わないわ。あの方がわたくしを選ぶのではなくて、わたくしがあの方を選ぶのですから」
 自分は選べる立場なのだとはっきりというエリサが、コレットにはまぶしかった。



 二人が伯爵邸の近くまで戻ると、夜会の開始も近いことから多くの人が集まりだしていた。
 高くなりはじめた月が、その色を濃くしていく。もうすぐ満月も近い。少しずつ太陽の時間から月の時間へ。空が夕焼けを残した赤紫から徐々に月明かりを含む群青色へと変化していく。
 月に目を奪われていたコレットは、ふと何かに気がついたように人の波をみわたした。
「どうかしまして?」
「え?いえ、なにか、今声がしたような気が……」
 コレットが言い終わらないうちに、あたりがざわめきはじめた。
 まわりも気がついたらしく、人々の視線がざわめきの方へと注がれる。ざわめきが大きくなるのと、人垣が割れるのはほぼ同時だった。

 はじめにコレットの目に飛び込んできたのは、明るいプラチナブロンドの金髪だった。走ってきたのだろうか、すこし肩が揺れている。
 人並みの間をぬけて現れたその人は、誰かを探すように視線をさまよわせた。
 コレットと視線が重なる。その瞬間瞳が驚いたように見開かれ、そしてはじかれたように笑顔がこぼれた。
 まっすぐにコレットの前に進んだ彼に、あたりは何が始まるのかと静まりかえった。さっきまでのざわめきが嘘のようだ。
 自分を見つめてくるエメラルドの瞳に、コレットは動くことができない。

「僕と踊っていただけませんか?」
 
 そう言ってコレットの前にひざまずいたのは、王弟フィオン?アルファードその人だった。
4.ダンス

「僕と踊っていただけませんか」
 静かになった夕暮れの庭。彼の声だけがやけに大きく聞こえた。
 

 いきなりのことで、なにが起こっているのかわからなかった。
 今目の前で自分を見つめている人物を、コレットは知っていた。いや、ここにいるもので知らない人などいないであろうその人。
 バード公爵、フィオン?アルファード。
 だが、コレットは彼と会話をしたことどころか、今の今までまともに目を合わせたこともない。そんな彼が、今目の前で自分にひざまずいているのだ。
 ひざまずく行為は、自分にとって目上の人物に行われるのが常識である。王弟であり、バード公爵の爵位をもつ彼がその行為を行うべき人物といえば、王と王妃、そして現在は隠居してバード公爵の領地で生活をしている前バード公爵ぐらいだ。ブランド 財布
 身分の上下に関係しないとすれば、それは婚約者や伴侶、恋人に対してであるが……。

 固まっているコレットのとなりで、ふうとため息が聞こえた。
「彼女とお知り合いだったなんて、初耳でしたわ。公爵」
 声のしたほうにフィオンの視線がうつった。
 視線の呪縛から開放され、コレットの肩から力が抜ける。
 声の主、エリサに気がつくと、フィオンは立ち上がり軽く会釈をする。エリサもそれに答えるようにドレスのすそをつまみ、ちいさく腰をかがめてあいさつをした。
「お久しぶりですね。エリサ嬢」
「公爵にもご機嫌うるわしゅう。お噂はいろいろおききしていますわ」
 名門コールフィールド伯爵家の令嬢であるエリサは、王弟の前でも臆するところなどない。
 少しだけ肩をそびやかし、フィオンが笑う。
「どんな噂となってエリサ嬢のところのとどいているのでしょうね」
「ところで、彼女とはどこでお知り合いになりましたの?」
 エリサはにっこりと笑って会話を変え、フィオンとコレット両方に視線を送った。
「本日が、初めてです」
「初めて……ですか?」
 微笑みながら答えるフィオンに対し、彼女の親友はわけもわからないといった表情で小さくうなずいている。
「公爵。紹介もなしに急にでは、彼女も驚いてしまいますわ」
「あっ、そうですね。申し訳ありません」
「い、いえ」
 にっこりと微笑まれて謝罪されれば、コレットはそう答えるしかない。
「彼女はコレット?マカリスター。マカリスター男爵家の令嬢でしてよ」
「はじめまして、コレット嬢」http://www.aitao9889.com/ 財布 レディース 人気
 フィオンは自分の胸の前に片手をそえ、優雅に一礼した。
 慌ててコレットもドレスのすそをつまみ、あいさつを返す。
「は、はじめまして。お会いできて光栄です、バード公爵」
「僕をご存知なのですね」
 知らな

留言

发表留言












只对管理员显示


引用