loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



何でもないと首を振ると
をかけた。
「……いえ」
 誰もがそれを受け入れている中、一人騒ぎ出すのも得策ではない。何でもないと首を振ると、ギルダスも報告のために室内へと足を勧めた。
 フィオンとギルダスがそれぞれに用意された椅子に落ち着いてしばらくすると、王の到着が告げられた。立ち上がった皆を、王は手で制し皆を着席させる。
「では、まず銃についての報告をきこうか」
 王座に腰を下ろした王がそう告げると、報告のためにギルダスは立ち上がり、部屋の中央へと進み出た。
 
 クリプトンホテルで見つかった、同じ型の二つの銃。
 その一つは、ホテルでカイサルがコレットを襲った際に使用していたもので、フィオンがその場に駆けつけたときに入手している。もともとカイサルが監獄に勤めていたこと、その銃が監獄で使用されているものと同じ型だったこともあり、その銃は監獄から盗み出し使用されたものと以前の報告によって結論付けられていた。
 それとは別に、同じ銃がカイサルを捜索している湖から先日みつかったのだ。
 銃の状態から、落されて長時間たっているわけではないことがわかるそれ。もしカイサル自身がもっていたのなら、皆に取り囲まれた際に使用したはずである。そうでなかったことより、カイサルが銃を二つもっていたとは考えにくかった。marc jacobs ショップ
 しかし、同時期に同じ型の銃が近い場所から見つかったということは、今回の事件になんらかの関わりがある可能性もある。そのために、監獄での銃の管理について報告するように言い渡されたのだ。
 もちろんその銃を使っているのは問題となっている監獄だけではない。しかし、現状ではカイサルとの関連性が最も高い。

「監獄での銃の管理につきましては、監獄で銃の保持を許されたものに配布してあります。その記録はございますが、どの銃が誰にあてがわれているのかという点では、特に銃に番号を振っているわけではございませんのではっきりとはお答えしかねます」
 ギルダスは持参した報告書を読み上げた。
「ここ半年以内に銃の紛失がはっきりしましたのは、惚れ薬の犯人が逃げ出したあの日になくなったものだけです。おそらくそれが事件の際にカイサルが使用した銃と思われることは、以前にもご報告した通りです。それ以外では、はっきりとした紛失はございません」
「はっきりとした、とはどういうことですか?」
 家臣の一人が尋ねる。
「銃は消耗品です。使用の途中で壊れたり、非常時には使用した際に弾がなくなりその場に捨て置くしかない場合などもあります。それらすべてを把握はいたしておりませんので」
「銃の管理もできぬとは……」
「そうは言われましても、使用したものすべて把握することができないのは、他の監獄や軍などでも同じではないのですか?」
 武器は保管しているものに関しての確認はしっかりと行われている。
 しかし、戦場や犯人の確保など実際の場で使用されたものについて、こと細かく弾の数や銃の数などを確認できるものではない。marc jacobs トート
 それについては、ある程度の誤差が認められる範囲なのである。
「それと同じ銃をあなたは購入されたとの話が入っていますが、ドース卿」
 先ほどとは違う家臣が、ギルダスに声をかけた。
「監獄と同じ型の銃は、何のために購入されたのですか?」
「購入しましたが、それが何かありますか? この国は、個人が護衛のために銃を所持することを禁じてはいません」
 個人が軍を組織すること、それに匹敵するような軍備を行うことは規制されている。しかし、個人で使用する短銃の数丁が禁じられていることはない。
 監獄のものと同じ型にしたのは、慣れているため扱いやすかったためだとギルダスは続けた。
 家臣たちが座る席を、ギルダスはぐるりと見渡した。彼らが自分を見る目に眉根をよせる。
「もしかして、私を疑っておいでなのですか?」
 中心に置かれたテーブルに、ギルダスは自分が持っていた報告書を置く。
 こぶしを握り締め、まっすぐに王に視線を向けた。
「陛下、それこそ心外でございます。私が犯人なら、どうして監獄の件調べることに奔走し、こうやって出向いて報告などするでしょうか。いったい何ゆえ私をお疑いなのですか」
 ギルダスの言葉に、王は何も答えない。ただまっすぐに彼を見つめるだけだ。
 静まった室内に、カタンと椅子が引かれる音が小さく響いた。今まで黙って事の成り行きを見守っていたフィオンが立ち上がり、中央へと進み出た。http://www.jinshe88mt88.com/ マークジェイコブス バック
 自分に近づいてきたフィオンを、ギルダスは強い視線で見つめる。
 王弟であり、今回の事件に深くかかわっているフィオンが、家臣たちの考えを把握できていないわけがない。先ほどまで普通に接していた自分に対して、皆と同じよう疑いを抱きながらこの場に連れてきたのかと思えば、苦いものがせりあがってくるような気がした。
「バード公爵も、私を

留言

发表留言












只对管理员显示


引用