loveingyou


自我介绍

FC2USER073150IYX

Author:FC2USER073150IYX
欢迎来到FC2博客!



最新文章



最新留言



最新引用



月份存档



类别



搜索栏



RSS链接



链接

将此博客添加到链接



加为博客好友

和此人成为博客好友



角田長官が苦笑いを浮かべながら呟いた


「特徴的な名前だったから覚えているぞ。菅野直(かんのなおし)少尉と杉田庄一(すぎたしょういち)一飛曹だ」

滝崎
「え…そ、その名前に間違いはありませんよね!?」

顔を突き出し、滝崎は角田長官に訊いた。

角田
「あ、あぁ…それがどうかしたのかね?」

滝崎
「え、あ、いや……」 hunter レインブーツ

周りの様子を伺い、声のトーンを低くして言った。

滝崎
「なにせ、その2人は後にエースになるパイロットですから…杉田一飛曹は史実で山本長官戦死に関わった人物の1人ですし…」

松島宮
「……それは凄いな…」

滝崎
「菅野少尉も訓練機を何回も破壊した為に『菅野デストロイヤー』と呼ばれた様ですし…腕っぷしも強いから、憲兵隊を何度もボコボコにしたとか……まあ、2人が組んだら最強だったみたいです」

角田
「やれやれ…第二機動艦隊にも有名人が集まる…と言う事かな?」

角田長官が苦笑いを浮かべながら呟いた。



次号へ

************************************************
ご意見ご感想をお待ちしております。今回はアメリカ側の艦魂…と言っても2人だけ…とのお話です。
********************************************
174 かつては敵 今は味方

12月10日 横須賀 加賀艦内 滝崎の部屋


滝崎
「………来るかな……」 レインブーツ メンズ

そう言いながら滝崎は部屋の中をぐるぐる回っていた。
滝崎は大仙を通じて元アメリカ艦の艦魂達と話が出来ないかと接触していた。

松島宮
「一昨日で今日だからな。それにお前も強制はしない、と言っていただろう?」

滝崎
「あ、まあ…そうなんだけど……今を逃しちゃうと切っ掛け作りが大変で、また間延びしちゃいそうだし…」

……本来なら一昨日のお茶会を切っ掛けにしたかったが、ミサをやっているとの事で話せなかった……もう少し考えるべきだった、と滝崎は反省していた。

松島宮
「まあ、年明けの作戦がアメリカとの決戦になるから、その前に話したいお前の気持ちも解るが……これは難しそうだぞ」

滝崎
「………わかってる」 http://www.mulberryemotionjp.info/ ティファニー キー

松島宮
(やれやれ、このままでは寝ずに明日の朝まで待つつもりだな)

7年間の付き合いで滝崎の気性を知る松島宮は内心溜め息を吐きながら呟いた。
その時、松島宮はふと何かに気付いて上を見上げる。

松島宮
「お、おい、た、滝崎!」

滝崎
「ん、なん…!!」

次の瞬間、滝崎は上から落下してきた物に押し潰される形で床に倒れ込んだ。

滝崎
「…………ぐぇ」


「あれ? ここであってるよね?」


「はい…姉さんはちゃんと把握しておきましょうよ」

松島宮
「た、滝崎…だ、大丈夫か!?」

滝崎
「………なんとかして…」


「あれ? 下に何か敷いてる?」


「あぁ!! 人を下に敷いてますよ、姉さん!!」


「あら、本当だ」

漸く滝崎の事に気付いた2人の艦魂が慌て滝崎の上から退いた。

滝崎
「痛たた…えっと、どちら様で?」


「えーと、私はヨークタウン。こっちだと…耀鶴だっけ?」


「姉さん、自分の名前はちゃんと覚えて下さい。私はホーネットです。こちらでは豊鶴ですけど」


ヨークタウンは平均的な金髪アメリカ人、ホーネットは……豊鶴と名付けた為か、姉のヨークタウンより胸があった。

松島宮
「あー…まさか、大仙を通じて遣って来た元アメリカ艦の艦魂?」

ヨークタウン
「そうです」

ホーネット
「私達が一番階級が上なので、私達が代表で来ました。まあ、ヨーク姉さんが適当なのでああなりましたけど…」

滝崎
「来てくれたのか…良かった」

ホッとしなが

留言

发表留言












只对管理员显示


引用